ロケットニュース24

【詐欺】地方裁判所民事訴訟部から「至急の封筒」が届く新手の詐欺手口に注意! ハガキから封筒に進化か

地方裁判所民事訴訟部。この文字が書かれた封筒がある日突然家に届いたら、誰でも驚いてしまうことだろう。特にやましいことのない人でもまずはこう思うかもしれない。「何かやっちまったかも……?」と。

そんな人の心につけこんだ詐欺が発生しているようだ。実家に地方裁判所民事訴訟部から封筒が届いたというTwitterユーザーのつぶやきが現在話題になっている。

・手紙の内容

前述の封筒は、2019年6月3日、「奈良英喜(@hideki_nara)」さんがツイートしたものだ。「至急」と書かれた封筒の差出人は地方裁判所民事訴訟部。その下には「〒100-8920 東京都千代田区霞が関1-1-4」と住所も書かれている。中に入っていた手紙の内容は以下の通り。

「提訴の告知

あなたは支払い義務違反という事で、地方裁判所に訴状の提出が行われ、受理されております。
この件に関して異議申し立て、または取下げ希望がある場合、下記日付までに答弁書の御提出または、当局にて御相談受け賜わっておりますので、民事訴訟部ご相談窓口にお問合せ下さい。御連絡なき場合には、この通達の14日以内に届く裁判所の出廷命令状の通達を御確認ください。また原告側の言い分で裁判の希望日時等が全面的に認められる場合がございます。
なお当該裁判の判決を履行いただけない場合は、財産の差押え等の強制執行の法的手続きがとられます。(原文ママ)」


──手紙には、他にも『請求の趣旨』『請求の原因』『証拠方法』などの項目があり、それぞれに「義務違反」「賠償請求」「財産の差し押さえ強制執行」など穏やかではない言葉が散りばめられている。

・ハガキから封筒へ

そして手紙の最後に、「地方裁判所民事訴訟部」の住所と相談窓口と称する番号(03-6907-1660)が。ところで皆さん、この内容に見覚えがありませんか

そう、平成最後にネットを賑わせた詐欺・民事訴訟管理センターから「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」にそっくりなのである。令和になってハガキから封筒に進化した……!

というわけで、いくら焦っても、この封筒の電話番号に電話してはいけない。東京地方裁判所の相談窓口は「03-5721-4630」だ。また、もしネットに疎いご家族にこういった封筒が届いた場合は教えてあげるようにしよう。

参照元:Twitter @hideki_nara
画像:奈良英喜, used with permission.
執筆:中澤星児

▼普通郵便で実家に届いたとのこと

詐欺ハガキの住所に突撃した記事