予定を立てると雨が降る。外出すると雨が降る。休みの日にも雨が降るっ! いわゆる「雨男」である私の名前は中澤星児。今夜も星が見えねェェェエエエ!!!

本当に雨が降りすぎて、雨男のオリンピックがあったら優勝できるレベル。私はひょっとしたら日本一なんじゃないだろうか。気になったので、「雨男レベルを判定するアプリ」を1週間続けてみた結果……とんでもない数値が叩き出されてるゥゥゥウウウ

・日本全国が梅雨

使用したアプリは以前の記事でもご紹介した『rainy(レイニー)』。位置情報と気象データからユーザーの降水量を計測、全ユーザーの統計データに応じて「雨男(雨女)度合い」など様々な数値を導き出すことができるアプリだ。

2018年6月6日に登録して本日6月13日で1週間が経過。この1週間、言うまでもなく私は雨に降られまくりだったわけだが、そもそも日本中が梅雨なので、個人にそこまで差が生まれるものなのだろうか

・週間降水量がヤバイ

アプリを開いてみたところ、個人総降水量には182mmと表示されている。雨男指数は「100」と表示されているが、これって凄いの? ステージはいまだに「UNKNOWN」だし、いまいちわからない。

そこで、ユーザー平均と数値を見比べられる「週間降水量」のページを確認してみたところ……


──ファ!?

全ユーザー平均の4倍くらい降られてるだと!? 月間降水量のページなんて、グラフが「あなた」の部分だけ異次元の彼方に突き抜けてるゥゥゥウウウ! 勝利っ……! 圧倒的勝利っ……!!

なぜかちょっと嬉しかった。ちなみに、週間・月間ランキングは現在、5月23日までの1週間になっておりまだ表示されていない。はたして日本一をとることはできるのか?

・雨を呼ぶ男

マイナス面が強調されがちな雨男だが、どんなことでも成績が良ければ嬉しいものだ。また、「雨を呼んでいる」と発想を変えれば、特殊能力みたいでカッコいい気がしないでもない

かつて、天候がもっと密接に生活に結びついていた時代に生まれていたならば、多くの命を救ったかもしれない雨男(雨女)たち。そんな生まれる時代を間違えた孤独な魂に幸あれ。

参照元:rainyApp Store
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
Screenshot:iOS

▼名古屋に行っても豪雨