最近、人のライフスタイルなどに影響を与える「インフルエンサー」という存在を耳にするようになった。中には、ファッションや旅行など、最先端情報をSNSで発信することを職にする人も増えている。

彼らにとってアツいツールといえばインスタだが、海外で女同士のコワいバトルが勃発! なんでも片方は「こいつ、私の真似をしてる!」と主張し、もう1人は「絶対に違う!」と切り返しているのだとか。2人のインスタを見たら類似性は否定できない感じなのだが、読者の皆様はどう思うだろうか!?

・こいつ、私の真似をしてる!

英ニュースサイト『INDEPENDENT』によると、「こいつ、私の真似をしてる!」と主張しているのは、米シカゴを拠点にファッション情報を発信するインスタグラマーのジェニファー・レイクさんだ。

15万人のフォロワーを誇る彼女のページには、カラフルなアイテムを身にまとってポーズを取った画像が満載! 鮮やかでポップな壁画をバックに撮っているものがズラリと揃う。そんな彼女が批判しているのが、同じくシカゴでファッション・インフルエンサーとして活動するロージー・クレイトンさんである。

・2人のページを比較して見ると……

ジェニファーさんはロージーさんについて、「ファッションスタイルやコメントの書き方、撮影場所など全てを真似している」と主張。2人のページを比較してみると、確かに双方とも鮮やかな壁画をバックに撮影した画像が多く、類似性は否定できない。着ている服やアイテムも、同じものがチラホラある。

しかし、これだけでロージーさんが毎回のように撮影場所やアイテムを真似ているとは言えないだろう。というのも……

・本当に真似をしているのかどうかは謎

なんとも言えない感じではあるが、同じシカゴに住んでいるだけにファッション関連の撮影をするとならば、誰でも「インスタ映え」しそうな壁画前を撮影場所に選びそう。また、フォロワーの多いインフルエンサーは企業やブランドがスポンサーとなり、そこから提供されるアイテムを使用して画像を投稿する場合が多いからだ。

よって、2人が同じスポンサーからアイテムを提供されている可能性もある。ちなみにロージーさんのフォロワーは12万人で、「真似していない」とジェニファーさんの主張を否定。本当に真似をしているのかどうかは謎のまま、ドロ沼の争いとなっている。

いやはや、女のバトルってコワい……。もしライバルを蹴落とそうとしているなら、さらにガクブルである。それはさておき、筆者は「シカゴって、こんなにオシャレな壁画がいっぱいあるんだ~!」と、そちらに興味を惹かれてしまった次第だ。

参照元:Instagram @jenniferlake@rclaytonINDEPENDENT(英語)
執筆:Nekolas

▼同じアイテムを身に着けた2人

▼こちらも同じ!

▼同じ壁画の前でポーズを取る2人