攻撃は最大の防御とよく言ったものだが、防御もまた最大の攻撃。守りをおろそかにした者は、いずれ滅ぶだろう。それは頭髪も同じだ。攻めの「育毛」だけではいけない、「脱毛の予防」で今ある資源を守るべし。

ハゲ予防のひとつの方法にシャンプーがあるわけだが、ある「抜け毛予防シャンプー」について悲しい事実が判明したという。メーカー会長がハゲだった。会社の創始者がハゲていたのだ。

・抜け毛予防シャンプーの会長がハゲ

ハゲ予防をうたいながら、会長がハゲていたのは中国大手メーカー『覇王』だ。覇王の抜け毛予防シャンプーは、伝統ある漢方をベースに、抜け毛、若ハゲ、脱毛症に悩む人のために開発されたものだという。ジャッキー・チェンがイメージキャラを務めていることでも有名だ。

中華中医薬学会のお墨つきも得ており、まさに中国ハゲ希望のシャンプーである……はずだった。「この会社の会長がハゲだ」とツッコまれるまでは。

・ネットユーザーから総ツッコミ

商品パッケージには、デカデカと覇王の創始者で会長の陳啟源(ちん・けいげん)氏の顏がプリントされている。先日、あるネットユーザーが、パッケージの写真とともにこんな1文をSNSに投稿。「お前がハゲじゃねーか」と。

言われてみると、陳会長のデコはめちゃ広い。おでこがせり出しているのか、髪が後退しているのかはわからないが、とにかく広い。そして彼の前髪前線は、ゆるやかなMの字を書いている。こ、これは……まさか!?

この投稿を見たネットユーザーからは、

「ボスがハゲってどういうこと?」
「自分のハゲも管理できないのに、ハゲ防止シャンプーだなんて」
「今年一番のギャグだ」
「会社がこの危機をどう乗り切るのか、気になって仕方ないよ」

などというコメントが! この「覇王の会長、ハゲていた事案」は瞬く間に拡散した。

台湾メディア ET Today によると、この事態について覇王は公式Weiboで「男性ホルモンによるハゲ」、また旗艦店カスタマーセンターも「会長は遺伝性のハゲ」という旨の説明をしたという。……釈明どころか言い訳にすらなってねえ! すると、ついに陳会長本人が沈黙を破った! 自らの声明を動画にして公開したのである。

・会長がついに沈黙を破る

「皆さん、こんにちは!! Weiboで私のハゲ問題が討論されていると聞きました!!」

で始まる動画。続けて、陳会長はハゲ疑惑についてこう話した。

「私の家族は、生まれつき頭髪前線が高めなのです! 現在、私はもう60才ですが、こんなに髪があってホっとしています」
「いまこれを見ている少年少女の皆さん、仕事と休みのバランスをしっかりとってください! 体を大切に、髪を大切に」
「私の髪はどんな細工もしていません(ファサーッ)、これが自然な姿です(ファサーッ)(ファサーッ)

これが、動画の概要である。この「ファサーッ」と髪をかきあげる姿が、面白いと評判になっているぞ。さらに、若者に対する心温まるメッセージに好感度もアップしているもようだ。

事態をユーモアでうまく収めた陳会長。さらに、この動画をシェアすると抽選でシャンプーがもらえるキャンペーンまで始めちゃったのだ! 結果として炎上どころか、『覇王』の名を未来のハゲ予備軍にまで轟かせることとなった。逆境こそ最大のチャンスだ。ピンチを逆転につないだ神回答だったと言えるだろう。

参照元:網易ET Today(中国語)
執筆:沢井メグ
イラスト:マミヤ狂四郎

▼こちらが陳会長の動画

▼ジャッキー出演のCM。

▼ピンチをユーモアで切り抜けるなんて、さすがやで!

▼ぬりえもあるよ!