majide1

日本だけでなく、運転中の携帯電話の使用を法律で禁じている国は多い。しかし、周りにパトカーや警官がいないことをいいことに、ついスマホをチェックしたり電話をかけてしまう人がいる。

そこで、「そんな出来心すら許さない!」とばかりに、イギリスでは携帯電話の電波をブロックするシステムを導入することを検討中で、運転中に携帯電話が使えなくなるかもしれないのだ!

・イギリスでは運転中に携帯電話を使えなくなる!?

英運輸省は、交通事故と規則違反者の減少を目指して、ドライバーの運転中に携帯電話の電波をブロックするテクノロジーの導入を検討中なのだという。このシステムが導入されれば、ドライバーが車に乗るとスマホのインターネットにアクセスできず、電話回線も使えなくなってしまうのである。

同省は、2017年にネットワークプロバイダーと携帯電話メーカーと会議を設け、運転中に電波をブロックするテクノロジーについて話し合う予定だとのこと。

・多くのドライバーが運転中の携帯電話使用を軽視

なんでも、英国自動車クラブが行ったアンケート調査によると、5人に1人のドライバーが規則違反であるにもかかわらず、「渋滞で車が停止している時にSNSやメールをチェックするのは安全だ」と答えているのだという。

車のドライバーのなかには、「運転中の携帯電話の使用は、飲酒運転やシートベルトの未着用ほど罪が重い」と思っていない人が多いようなのである。

・新テクノロジー導入前に罰則を強化!

そんな状況を改善するべく、まず英運輸省は、運転中に携帯電話を使用したドライバーには違反点数6ポイントと、今までの倍に当たる罰金200ポンド(約2万9000円)を科することを決定。

スマホメーカーは、‟機内モード” と同じような ‟安全運転モード” を作り、運転中の電話&メールの着信をブロックして、ドライバーの気が散らないような設定を電話に搭載させるつもりのようだ。

「少しぐらいなら大丈夫だろう……」と油断してスマホを使っていたら大事故を起こしかねないし、実際に悲惨な事故が起きている。それだけに、こういった新テクノロジーは積極的に導入されるべきなのかもしれない。

参照元:MashableINDEPENDENDT(英語)
執筆:Nekolas