motsuc21

人は誰ひとりとして同じではなく、趣味嗜好はそれぞれ。この世に生を受けた以上、個人の楽しみは自由であり、誰にも邪魔する権利はない。そう、周りに迷惑をかけない限り、他人にとやかく言われる筋合いはないのだ。

しかしながら、人間の欲は無限であり、ついついおかしな行動に走ってしまう人も少なくない。例えば今、海外でニュースになっているトルコ人男性もそんな一人だろう。なぜなら彼の肛門から異物が見つかったというのである。

・39歳の男性

お尻の穴ひとつで世界を動かしているのは、カイセリに住む39歳男性だ。当然ながら名前は伏せてあるが、彼が腹部の痛みと出血を訴え、病院に駆け込んだところ、折れたキュウリが肛門から見つかったという。

・無事に痛みから解放された男性

ここで考えられる線は2つ。ひとつは消化しきれずにお尻まで来てしまったということ。もうひとつは、特殊な訓練をしていたか……つまり変態的要素があるかだ。どんな名探偵が推理しても、答えはこの2択だろう。

肛門からキュウリが出てくるのだから、おそらく医師も焦ったに違いない。しかし、そこは病院。理由はともあれ、男性は無事に痛みから解放されたという。きっと大人の深い事情があったのだろう。ただ……

・対応した病院にも非難の声

ここで終われば「いろんな人がいるもんだ」程度で済むのだが、そうはならなかったのが今回のキュウリニュース。大きくメディアに取り上げられたことで、男性は停職処分。また病院に対しても、情報をリークしたとして非難の声が挙がる事態に……。キュウリが、彼の肛門以外の場所にも “火” をつけてしまったのである。

参照元:Hurriyet Daily News(英語)
執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.