イギリスは EU に残留するのか? はたまた離脱するのか? 世論調査では両派の支持が拮抗(きっこう)しており、どちらに転ぶか全く分からないと見られている。世界中から注目も集まっていて、SNS 上では様々な立場の人々が意見を表明しているようだ。

と、そんな人間の一大事を固唾をのんで見守っているのがネコ。なんでも SNS 上にはネコたちからの「EU に残留してニャ!」「離脱だにゃ」などのメッセージであふれているというのだ。

・ネコたちも英国民投票を気にしているよう

All pawsies to the voting booth! The British Isles is being catnapped! Those who cannot see beyond the end of their whiskers are trying to claw Britain away from the Meowropean Continent. Catkind has to stay together. United we play, divided we go hungry. Or worse. We purr together with our Cousins Puszedli and Drazse in Budapest and all our fellow furries who live in between Hungary and Albion. We believe in the feline freedom to find homes and opportunities for ourselves and our hoomans throughout the hills and valleys of Meowrope! So, take your hooman for walkies tomorrow and stamp your pawprint, big and bold, on the refurendum voting slip. We must dig our sharp claws in and cling to Meowrope with all four paws! #catsagainstbrexit #voteremain #refurendum #ArtemisandApollo #excellent_cats #cat_features #bestcats_oftheworld #meowvswoof #igcutest_animals #feature_do2 #topcatphoto #amazing_picturez_animals #bestmeow #showcasing_pets_ #mainecoon_id #citrusnation #cutepetclub #CatsOfInstagram #catsoftwitter #pawliticats #catsrulethewolrd #thedailykitten #buzzfeedanimals #mainecoon #jj_welovepets

A post shared by Artemis and Apollo (@themainecoonlife) on

もちろん、ネコたちが残留派や離脱派に実際に分かれている訳ではない。人間たちが SNS 上に「#CatsAgainstBrexit(離脱に反対なニャンコたち)」というハッシュタグを作り、“ネコの気持ち” と称してそれぞれの立場を表明しているのである。もちろん、可愛らしいネコの写真付きでね!

・「ミャウロッパ大陸と分かれちゃったら、大変なことが起こるよ」

例えば Instagram ユーザー「themainecoonlife」さんの飼いネコであるアルテミスとアポロ。残留支持のステッカーを胸にこう “主張” している。

「ミャウロッパ大陸と分かれちゃったら、大変なことが起こるよ。ネコたちは一緒にいなきゃイケナイんだ。離れちゃえば、お腹だってすくニャ。飼い主たちを散歩に連れて行くついでに、投票所で残留に一票を投じよう」

また「brownandre」さんのクールな黒ネコさんも、「他のヨーロッパの国々と一致団結した方が、より強く、上手くいくはずニャ」と考えているのだとか。

他にも「明日の投票が心配ニャ」「 EU という制度は完璧ではないかもしれないけれど、一緒にいる利点は多いニャ」「もし離脱になったら、お気に入りの獣医師さんがイギリスから追い出されちゃうかも……」など、残留を求める “ネコたちの声” がたくさん聞かれるのだった。

・「離脱支持ニャンコ」や「残留支持ワンコ」なども

Twitter ユーザーのリリアン・エドワーズさんが「ウチのネコは離脱する可能性を知って悲しんでいるの。賛成なら RT」とツイートしたことで、広まった「#CatsAgainstBrexit」キャンペーン。

今では「#CatsForBrexit」と離脱支持を表明するネコたちのハッシュタグや、「#Mutts4Remain」と残留を望むワンコたちのハッシュタグなども作られて、より盛り上がりを見せているという。

NHK によると、日本時間の2016年6月24日の昼頃に国民投票の結果が判明するそう。果たしてどうなるのだろうか?

参照元:The Telegraph(英語)、Instagram[1][2][3]NHKニュース
執筆:小千谷サチ

▼「#CatsAgainstBrexit」キャンペーンは、このツイートから始まったそう

▼ベルギーのニャンコも「UKさん、一緒にいようよ」とツイート
https://twitter.com/jemimabond007/status/744659456697503745

▼パイケアちゃんも残留支持だ!

▼離脱を恐れて隠れちゃったニャンコ……

▼こちらは離脱か残留か決めかねているニャンコ

▼残留を望むワンコもいるよ!

▼Instagram でもたくさんのニャンコが意見を表明