「●歳だから、コレは無理!」といったように、何事も年齢で制限されるべきではないと思う。だが、ファッションモデルのような仕事は、やはり若ければ若いほど仕事の依頼も多く、有利なのではないだろうか。

だが、そんな年齢の壁を打ち破るかの如く、仕事を無くしてしまったダンディなオジサマ(60)が、「ファッションモデルになりたい!」とネットで呼びかけたという。すると、意外な展開が待っていたのである!!

・60歳男性が「モデルになりたい!」とネットで訴えたところ……

フランスに住む60歳のフィリッペ・デュマスさんは、勤めていた映画会社が倒産し、仕事を失ってしまった。

そこで、長年モデルになりたいと夢見ていた彼は、2015年に、画像共有サイトimgurに自分のプロフィール写真を投稿。画像に、「モデルになるという長年の夢を実現させるために、最後の賭けに出ることにしたよ。モデルの素質があると思う?」とコメントを添えたところ、ネットユーザーから大反響を得たのである!

・6つの事務所と契約を交わす展開に!!

フィリッペさんは、「モデルになりたい!」と言うだけあって端正な顔立ちをしているが、それだけではなく、フサフサに蓄えた口髭とあご髭がなんとも個性的! そして、腕にガッツリ入れたタトゥーも超クールで、映画会社に勤務していた頃、一緒に仕事をしたモデルや女優に髭とタトゥーを褒められていたのだそう。

そして、そんなダンディでオシャレなフィリッペさんに関心を持った、モデル&タレント事務所から続々と契約オファーが舞い込んで来たのだ!! 最終的に6つの事務所と契約を交わした彼は、シニアモデルとして、順調なスタートを切ることとなったのである。

・歳を取るのもそんなに悪くない!?

すでに彼は、キャンペーンモデルを務めたり、雑誌の撮影でポーズを取ったりしているそうで、モデルになれたのは、個性的な髭のおかげだと思っているとのこと。モデルを始めてから、よく記念撮影を頼まれるようになり、「歳を取るのもそんなに悪くないね」とコメントしている。

それにしても、‟災い転じて福をなす” ではないが、会社が倒産していなかったら、モデルになる夢を叶えられなかったかもしれない。何事も諦めずに、トライしてみるべきだと教えられるようなエピソードである。

参照元:Instagram @dumphilindy100Pulse(英語)
執筆:Nekolas