一寸先は闇と言われているように、人生何が起こるか分からない。人生の転覆とまでいかなくても、予想だにしなかった事態を目撃してしまうことだってある。

例えば、これからご紹介する3人の女性。レストランで楽しいひと時を過ごしていたところ……隣のテーブルの男の不審な行為を目撃してしまったのだ。彼女たちはどんな行動を取ったのか? 詳細をお伝えしたい。

・飲み物にクスリを混入した男

ある夕方、レストランで食事をしていたソニア・ウーリッヒさん、モニカ・ケニオンさん、マーラ・ソルターさん。おしゃべりに興じる3人だったが、突然モニカさんの顔におかしな表情が浮かんだ。ソニアさんが「どうしたの?」と聞くと、モニカさんはこんなことを言ったという。

「隣の席のカップル。男が女のワインに、こっそりクスリを入れていた」

クスリが混入される場面を見たのに、黙っている訳にはいかない……。そこでソニアさんは、トイレに立ったカップルの女性の後を追った。警告しに行ったのである。

・女性に対して「見過ごせなかった」と目撃したことを話す

トイレで女性に話しかけたソニアさん。「こんにちは。ちょっと変な話なんだけど、あなたの連れの男性が、あなたのワインにクスリを入れているところを目撃してしまった」「女同士だし、見過ごせなかった」と単刀直入に告げたそう。

もちろん女性は、ソニアさんの言葉にショックを受けた。なんでも男は彼女の職場の同僚で、1年以上交流がある “仲の良い友人” だというのだ。

・店側にも報告……警察が登場

店のスタッフにも事情を話したところ、レストラン側は彼女たちの言葉を真摯に受けとめ、「男の行動を注視しておく」と約束。ウェイターがカップルに話しかけ、女性から別の飲み物のオーダーを受けたりしたそうだ。

食事が終わり、会計の段階になっても、店側は「コンピューターの不具合」を理由にカップルを引き止める。すると突然、警察が登場。カップルのテーブルに近づくと、そのまま男を連行していったのだった。男は理由も聞かず、全く抵抗を見せなかったそう。『NBC NEWS』は、男は脅迫、薬物混入、強姦容疑で逮捕されたと報じている。

・他の客も、ソニアさんたちの行動に感謝

ソニアさんたちから知らせを受けた後、レストランはすぐに監視カメラをチェック。そこで男の不審行為が確認できたので、警察に通報したということだ。

また事態を知った多くの客が、「私の妹も、同じような危険な目にあった」「僕も被害の経験がある」などとソニアさんたちに感謝の言葉を伝えにやって来たとのこと。

ソニアさんがこの体験談を Facebook 上に投稿したところ、11万回以上シェアされて、ネット上を中心に大きな拍手喝采が巻き起こることに。ソニアさんは性別を問わずに多くの人が危険な目に遭っていることに触れ、事件を目撃したら、他人だからと見て見ぬ振りをしないでほしいと呼びかけているのだった。

参照元:NBC NEWS(英語)、Facebook
執筆:小千谷サチ