「腹が減っては戦はできぬ」というが、食べなければ生きていけないので、食欲は、人間が抱える最もベーシックな欲求だと言える。

そして、そんな食欲を満たすために、移動中の列車の中から、宅配ピザをオーダーしてしまった男性がいるというので紹介したい。「腹が減っては旅はできぬ」とでも言いたくなるような、その巧みな注文方法が超スマートなのである!

・移動中の列車から宅配ピザを注文!

移動中の列車の中から宅配ピザを注文してしまったのは、イギリス人音楽プロデューサー、DJアートワークさんだ。グラスゴーからシェフィールドまで旅をする彼が乗った列車には、食堂車はついておらず、食べ物の販売も行っていなかったとのこと。

両都市間の移動にかかる時間は5時間にもなるため、ドリンクも食べる物も持ち込まなかった彼は、「しまった!」と思わざるを得なかったという。そこで、お腹が空いてどうにもならなくなった彼は、列車の中から宅配ピザをオーダーすることを思いついたのである!

・列車のダイヤが不正確なイギリスでピザを受け取れるのか!?

まず彼は、自分が乗っている列車のダイヤを確認し、各停車駅の停車時間をスマホで確認。できるだけ、停車時間が長い方が確実だろうと考えた彼は、ダーリントン駅を選択。

そして、同駅に一番近いドミノピザに電話して、ハムとマッシュルーム、ビーフとパイナップルがトッピングされたピザを注文したのだ。日本のように到着&出発時間が正確ではないイギリスの列車は、時間がズレたらピザを受け取れなくなってしまう。なので、ドミノピザが移動中の列車への宅配を受け付けてくれたことに、少し驚きである。

・ドンピシャのタイミングでピザの宅配が到着!

アートワークさんのピザ・チャレンジについて知った他の乗客も、無事にピザを受け取れるのかソワソワしていた様子で、ダーリントン駅が近づくと車内に緊張感が立ち込めていたという。

いよいよ列車が駅に乗り入れるると、ドンピシャのタイミングでドミノピザの宅配が到着!! こうして、お腹ペコペコだった彼は、見事にピザにありつくことが出来たのである。

チャレンジ成功の興奮も相まって、いっそう、ピザを美味しく味わえたのではないだろうか。彼のピザ・チャレンジはTwitterで話題となり、次の日にドミノピザの他の店舗が、リードからロンドンに移動中のアートワークさんに、再びピザをデリバリーするチャレンジを受けて成功したそうだ。

・参照元:Twitter @artworkmagneticThe TelegraphMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼移動中の列車から宅配ピザを注文!

▼ドンピシャのタイミングでピザの宅配が到着!

▼列車のダイヤを確認して、悩んだ末にダーリントン駅を選択!