億万長者を夢見てビジネスを起業する人は大勢いるが、実際に成功できるのはほんの一握りだけである。そんな、リスクが高く険しい道を歩まなければならないビジネス起業で、大成功してしまった11歳の少女がいる。

曾曾おばあちゃんから受け継いだレシピでレモネードの製造販売を開始した少女は、全米のスーパーマーケットでビジネスを展開し、大好評を博しているというのだ!

・11歳の少女がレモネード・ビジネスを起業!


レモネードのビジネスをスタートさせて大成功したのは、米テキサス州に住む11歳のミカイラ・ウルマーちゃんだ。少女は、投資家の前で自分のビジネスをプレゼンし、投資してもらう番組『Shark Tank』に出演。見事なプレゼンで投資家達のハートをガッチリとつかみ、6万ドル(約660万円)の資金をゲットしたのだ。

起業するために資金は絶対不可欠だが、十分に資金があるからといってビジネスが成功するかと言えば、そういう訳でもない。

・ミツバチに刺されたことがビジネスを思い立ったきっかけ!

ミカイラちゃんが作るレモネード「BeeSweet:ビー・スウィート」は、はちみつ味のレモネードにミントとアマの実を加えたフレイバーで、彼女の曾曾おばあちゃんから受け継いだレシピだ。

少女がビジネスの構想を抱いたのは、たった4歳の時で、ミツバチに2回も刺されたことがきっかけだったという。ハチに刺されたことは不愉快な経験だったが、なぜか、ミツバチに興味が沸いて調べるようになったのだとか。

すると、どれだけハチが生態系に貢献しているかを知り、ハチミツとおばあちゃんのレシピを使って、何かできないかと思い立ったのだそうだ。こんなことを4歳で考えてしまうなんて、本当に驚きである!

・全米のスーパーでレモネードを販売中!

こうして、ミカイラちゃんは養蜂家の元へ足を運び、厳選したハチミツを使ってレモネードを製造するようになったのだ。『Shark Tank』に出演する以前にも、地元のコンテストで少女のレモネードは優勝を勝ち取っているだけに、味はお墨付きである。

ビー・スウィートは、オーガニック食品の販売で人気を誇るスーパーマーケット「Whole Foods:ホール・フーズ」の55店舗で扱われており、全米で展開しているビジネスは絶好調のようだ。

そして、レモネードの売り上げの一部は、ミツバチを保護する団体に寄付されているというから、ミカイラちゃんには頭が上がらない。ホワイトハウスに招かれて、オバマ大統領とも対面したという少女のビジネスは、これからもドンドン伸びていきそうだ。

参照元:Instagram @beesweetlemonadeMashabletelegraph(英語)
執筆:Nekolas

▼全米のスーパーで販売されているぞ!

My favorite Shark Tank display! Super Super Cool – Thank you Whole Foods Market Post Oak (Houston) 😍

A post shared by Me & the Bees Lemonade (@mikailasbees) on

▼ホワイトハウスでオバマ大統領とも対面!!

Talking bees and BeeSweet Lemonade w The President. Loved my visit to the White House. I also met @michelleobama too!

A post shared by Me & the Bees Lemonade (@mikailasbees) on

▼自ら養蜂家の元へ足を運んではちみつを厳選

Looks Like some great honey. Thank you bees. My lemonade will taste absolutely Beelicous🐝

A post shared by Me & the Bees Lemonade (@mikailasbees) on

▼ミカイラちゃんのレモネードはニュース番組でも取り上げられたぞ!