物事は時代と共に変化する。特にファッション業界では、日々新たな流行が生まれては消えていく。そしてこの度もまた、1つの ”変わったジュエリー“ が誕生し、話題を集めているようだ。

それは……女性のお股からぶら下げるジュエリー。発想も見た目もとっても奇妙な商品だが、なんでもその裏にはある深い理由が隠されているのだとか。

・ジュエリーで、太ももの隙間の “美” を演出!

今回発売された『Thigh Gap Jewellery(サイ・ギャップ・ジュエリー)』。“Thigh = 太もも、Gap = 隙間、Jewellery = ジュエリー” という名前からも想像出来る通り、太ももの隙間からぶら下げるジュエリーだ。18金のプレートに、2つの輪っか型のチェーンが付いている。

チェーンの輪にそれぞれ両脚を通せば、装着完了。股からぶ〜らぶらと、プレートがぶら下がる! 「両脚を揃えて立ったときに内ももに隙間が出来る = 美脚 」と言われることもあるが、このジュエリーはそんな “隙間” からぶら下げるためにデザインされた物のようだ。

・購入ボタンを押すと……

うーん、かなり変わっているけれど世界中のスーパーモデルたちが付け始めれば、一気に流行するかも? 価格は180ドル(約2万円)とそこまで高くないしと購入ボタンを押すと……あれ? 突然、以下の言葉で始まるページが開いたではないか。

「サイ・ギャップ・ジュエリーは架空の会社です。これは、ソーシャルメディアにまん延する非現実なボディイメージに疑問を投げかけるためのものです」

そう、これは “太ももの隙間 = 美しい、カッコいい” という流行がいかに醜いかを多くの人に知ってもらうために、シンガポールのある大学生が作ったウェブサイトだったのだ!

・「太ももの隙間」に固執しちゃダメ!

現在ネット上を中心に、スーパースターなどの影響で「太ももの隙間」がトレンドになっており、“隙間” を作るために無理なダイエットをする女性が大勢いると言われている。しかしサイ・ギャップ・ジュエリーは、この考え方は危険だと警鐘を鳴らす。

なぜなら「太ももの隙間」が出来るかどうかは、その人の体の構造によって変わってくるからだ。特に骨盤帯の形と、骨盤の側壁と前壁をつくる寛骨(かんこつ)の距離によって決まるようで、お尻の小さい女性はほんの少し脚に肉がついただけでも、“隙間” が埋まってしまうというのだ。

だがそうとは知らずに、痩せれば “隙間” が出来ると信じて無理なダイエットをしたり、「私には “隙間” が出来ない」と落ち込む女性は多いそうだ。

・メディアが押し付ける “美” に苦しめられる人々

しかもこの “隙間” は氷山の一角。メディアによる様々な “美の押しつけ” に苦しめられている人も多く、その割合は男女あわせて8割にも達すると見られている。

このジュエリーに対しても、「私も太ももにコンプレックスを抱いていたことがある」「僕の彼女もこのことで苦しんでいる。彼女を痛めつけるメディアに怒りすら覚える」などの声がたくさん寄せられているのだった。

確かに毎日「これが美です!」と見せつけられれば、誰でも「そうでなければ美しくないかも……」と思い込んでしまうかもしれない。けれども、今回のジュエリーのように、“作られた美” に対して疑問を投げかける人も大勢いる。この疑問がもっと広がれば、気分が楽になる人も増えるだろう。

参照元:Thigh Gap Jewelleryindy100(英語)、Twitter @indy100コトバンク
執筆:小千谷サチ

▼サイ・ギャップ・ジュエリー