2016年11月に行われる米大統領選まで1年を切り、候補選出が白熱している模様だが、遠い国で起きていることだと思ってはいけない! 世界のリーダー的存在であるアメリカとの結び付きが強い日本は、誰が大統領になるかで、日本の政策にも大きな影響が及ぶ可能性があるからだ。

そんななか、暴言を吐きまくっている共和党候補で不動産王でもあるドナルド・トランプ氏を、『ハリー・ポッター』(以下『ハリポタ』)の著者が一刀両断! 「彼はヴォルデモートより最悪!」とコメントして、多くの海外ネットユーザーが支持しているというのだ。

・移民政策で問題発言を繰り返すトランプ氏

おそらく日本では、トランプ氏の政治概念や暴言云々よりも、つかみどころのない彼のヘアスタイルの方が注目されているのではないだろうか。

現在、共和党の最有力候補と囁かれているトランプ氏は、移民政策について問題発言を繰り返して物議を醸している。メキシコ移民を強姦魔と呼んだり、イスラム教徒の米国への入国禁止を主張し、世界中からバッシングを受けている人物だ。

・トランプはヴォルデモートより最悪!!

そんなトランプ氏を、海外メディアが大人気小説・映画『ハリポタ』シリーズに登場する、悪役ヴォルデモートと比較。ちなみに、闇の魔法使いヴォルデモートは、本作の主人公ハリー・ポッターの最大にして最強の敵で、その恐ろしさから人々は彼の名前を呼ぼうともしないのだ。

冷酷非情なヴォルデモートに例えられてしまったトランプ氏だが、なんと『ハリポタ』の著者J.K.ローリングは、その比較に不服を唱えたのだ。彼女はTwitterで、「ひどいわね。ヴォルデモートはそこまでひどくないわよ」と、‟トランプはヴォルデモートより最悪” と言い放ったのである!

・『ハリポタ』の反応は!?

トランプ氏の傍若無人な発言に辟易しているネットユーザーや『ハリポタ』ファンから、ローリングの発言について、さまざまなコメントが寄せられているので、いくつか紹介したい。

「トランプがヴォルデモートだったら、誰も奴の名前を言わなくなるのにな」
「誰か魔法の杖でトランプのカツラを消してくれ!」
「トランプを支持する人も、ヴォルデモート並みにひどいわ」
「いっそのこと、トランプをヤっつけるためにハリーを送り込んだら!?」
「奴はダース・ベイダーやヴォルデモートみたいに ‟ダーク” だから、 ‟ホワイト” ハウスには住めないよ」

メディアにヒトラーとも比較されているトランプ氏だが、個人的にも、「彼が米大統領になったら末恐ろしいな……」と思ってしまう。これから大統領選がどんな展開になっていくのか、目が離せない気持ちでいっぱいだ。

参照元:Twitter[1] [2]the guardianDigital Spy(英語)
執筆:Nekolas

▼ドナルド・トランプ氏はヴォルデモートより最悪!?

▼J.K.ローリングの「ヴォルデモートはそこまでひどくないわよ」とのツイッター