多くの読者がFacebookを利用していると思うが、TwitterやInstagramなどのSNSとは異なり、Facebookは実名登録が求められている。

そんななか、ちょっと変わった名前を持つ男性がFacebookにより偽名判定され、アカウントを凍結されてしまったというのである! 実名なのに、アカウントを締め出されてしまったとは気の毒な話。ネット上で話題になっていたのだが、騒動後、その人物が悪ふざけをしていただけだと、判明したというのだ!

・Facebookでアカウント凍結を食らった男性の名前がスゴすぎる!!

名前の特異性により、何度もFacebookに締め出されてしまったというのは、ベトナム系オーストラリア人男性の「Phuc Dat Bich」さんだ。ベトナム語では「フ・ダ・ビ」と読むらしいのだが、英語風に読むと、‟ファック・ダット・ビッチ” になるという。ふぁ……ちょっと待って! これって英語ではト~ンでもない放送禁止用語ではないか!!

・後にただの悪ふざけだったことが判明!!

確実に伏字になるあの放送禁止用語。とにかく、そんなヤバい意味の名前を持つという理由で、彼が被害をこうむったというのである。ネット上では「ありえない」と話題になっていた。

……ところが! 後に、彼の元クラスメートがメディアに卒業アルバムの写真を送り、男性の名は「Phuc Dat Bich」ではないと激白。本名は「Thien Nguyen:ティエン・グエン」であることをバラしたのだ! 

当初、男性は自分の名前が「Phuc Dat Bich」であることを証明するために、Facebookにパスポート写真を載せていたのだが、どうやらフォトショップで加工したものを使用していたようだ。後に彼は、Facebookのアカウントを閉じている。

・名前のせいでテロリストと見なされた女性も!

ちなみに名前が原因で……と言えば、「Isis Anchalee:アイシス・アンカリー」という名のアメリカ人女性も、Facebookのアカウントを凍結されてしまったという。‟ISIS” は、ご存じの通りイスラム国の短縮表記であるため、彼女はテロリストだと見なされてしまったのだ。

Facebook側も名前をチェックしているんだなぁ……。もしかしたら、‟ファック・ダット・ビッチ” さんの場合は悪気はなく、ちょっと注目を浴びたかっただけかもしれない。だが、SNSでのこういった悪ふざけは、本人は軽い冗談のつもりでも、後に大事になることがあるだけに注意が必要ではないだろうか。

参照元:Twitter、Mashable[1] [2]SBS(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが元クラスメートがメディアに送った卒業アルバムの写真だ

▼そして、こちらは悪ふざけでFacebookに載せたパスポート写真