1

いかなる人でも宗教や肌の色、国籍で差別されるべきではない。だが、イスラム国の侵攻やパリ同時多発テロで、世間のイスラム教徒やアラブ系民族への風当りが強くなっているようだ。頭にターバンやビシャブを巻いているだけで、テロリストの仲間だと思われてしまう……周囲の先入観や偏見で辛い思いをしているに違いない。

そんな、あるイスラム教徒男性が、‟私はムスリムです” と紙に書いて広場に立ち、人々がどんな反応を示すか映し出した動画「Blindfolded Muslim man with sign “Do you trust me?” hugs hundreds in Paris」が感動を呼んでいるのだ!

・イスラム教徒が ‟私はムスリムです” と紙に書いて広場に立ったところ……!?

129名の尊い命を奪った、パリ同時多発テロが起きた現場近くのレピュブリック広場に、一人のイスラム教徒の男性が立たずんでいた。彼の足元には、「私はムスリムで、テロリストだと言われました。私はあなた達を信じていますが、あなた達は私を信じてくれますか? もし答えが ‟イエス” なら、私を抱きしめてください」と、書かれた紙が置いてある。

男性は、目隠しをして両手を広げた無防備な状態で立っているが、テロ直後で、市民のイスラム教徒への偏見がピークに達している時だけに、ヘタをしたら襲われかねない。

・優しくムスリム男性を抱きしめるパリ市民達

一体パリ市民は、「私を信じてくれますか?」というムスリムの男性に対して、どんな反応を示すのだろうか……!? すると、一人の中年男性が歩み寄り、ムスリムの彼を優しく抱きしめたではないか! すると、次から次へとある人は笑顔で、ある人は泣きながら男性を抱きしめ、それは日暮れまで続いた。

こうして、悲劇の後でも優しくパリ市民に受け入れられた男性が、先入観と偏見に苦しむムスリムの人々の気持ちを代弁して、あるメッセージを伝えたのである。

・ムスリム男性の力強いメッセージ

目隠しを取った彼は、

「皆さん、私を抱き締めてくれてありがとう。私はムスリムですが、だからと言ってテロリストではないというメッセージを伝えたくて、こうしました。私は誰も殺しはしないし、テロリストはテロリストで、理由もなしに他人を殺す奴らなのです。イスラム教徒は、決してそんなことはしません。我々の宗教は、人命を奪う行為を禁止しているのです」

と訴えていた。

‟ムスリム=テロリスト” だと、怒りの矛先をイスラム教徒に向けることは簡単かもしれない。だが、新たな苦しみを生み出さないためにも、一人一人が先入観と偏見を持たないよう、心掛けることが必要ではないだろうか。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼イスラム教徒が ‟私はムスリムです” と紙に書いて広場に立ったら、パリ市民の反応は……!?