1

最近は、ファストフードのハンバーガーとは一味違って、本格的に調理された「グルメバーガー」が大人気だ。お値段は少し高めだが、トッピングやチーズの種類も豊富な分厚いハンバーガーに、「ガブリ!」とかぶりつく瞬間は至福の時である。しかし、ケチャップやソースで、グチャグチャになりやすいんだよなぁ……。

そんな問題を解決するべく、あるレストランが、シート状にしたケチャップを生み出して話題を呼んでいる。そのシート状ケチャップを使った美味しそうなハンバーガーの動画は、「Restaurant Of The Week: Plan Check」でチェックできるぞ!

・グチャグチャにならないシート状のケチャップが誕生!

食べてもグチャグチャにならないシート状のケチャップを生み出したのは、米ロサンゼルスに店を構える『Plan Check:プラン・チェック』のオーナー、アーネスト・ウチムラさんだ。

彼は、ロサンゼルスでグルメバーガーブームの火付け役となった『Umami Burger:ウマミ・バーガー』をオープンした人物で、ちなみに筆者も、ここのハンバーガーの大ファンである。ウマミ・バーガーのチーズはカリカリに焼いてあって、まるで煎餅(せんべい)のような食感だ。このシート状ケチャップも、クリエイティブなアーネストさんならではの発想と言えそうだ。

・シート状だけど、食べる頃には程よい食感に!

話題の特製ケチャップは、しょう油とニンニク、スパイスなどが混ぜ合わされ、オーブンでシート状になるまで乾燥させたものだ。それがハンバーガーに挟まれるわけだが、アツアツのパテを載せるとシート状ケチャップが溶け始め、口に入れる頃には程よい食感になっているのだとか。

・カスタマーを思うプロの真心こもった発明

今のところシート状ケチャップは、『プラン・チェック』の特製バーガーのみに使用されているとのこと。パテと厚切りベーコン、ソテーした玉ねぎと目玉焼きを挟んだハンバーガーは、超ボリューミー!!

こんな分厚いバーガーに普通のケチャップを使ったら、目玉焼きのトロトロな黄身と混ざって、グチャグチャになってしまうに違いない。カスタマーの食べやすさを考えた、プロの真心こもった発明と言えるのではないだろうか。

シート状ケチャップをスライスチーズのようなパッケージにしたら、スーパーでも売れそうである。それにしても、動画のハンバーガーがあまりにも美味しそうで、どうにもロサンゼルスへ旅立ちたくなってしまった次第だ。

参照元:YouTubeMashable (英語)
執筆:Nekolas

▼シート状ケチャップを挟んだハンバーガーを紹介した動画はこちら