読者の皆さんは、北欧のフィンランドといったら、何を一番に思い浮かべるだろうか!? おそらく、多くの人がムーミンを連想するのではないかと思うが、2017年に埼玉県でムーミンのテーマパークがオープンするという計画もあり、ムーミンが日本で大人気なのは間違いない。

そんなムーミン発祥の地であるフィンランドが、国として初となる絵文字を作成。しかし、今のところ発表された政府公認の絵文字にムーミンの姿はない模様で、裸でサウナを楽しむ男女やメタラーのデザインが話題となっているのである!

・フィンランド初の政府公認の絵文字が登場!

いきなり豆知識となるが、絵文字は日本人が開発した物なので、海外でも「emoji:エモジ」と呼ばれており、世界中のメールやSNSにおいて欠かせない存在となっている。

そして、フィンランド政府が公認した絵文字には、国を象徴する文化やアイテムがデザインとして登場。だが、フィンランドが発祥とはいえ、サウナに入っている裸の男女を絵文字にしてしまうとは、なかなか大胆である。「サウナに行こうぜ!」と言いたい時に、この絵文字を送れば言葉は必要ないということだろう。

・北欧メタルでノリノリのヘッドバンカーも!!

またフィンランドは、「エアギター世界大会」が毎年開催されるほど、へビーメタルが愛されている国である。お笑いコンビ ‟ダイノジ” の大地洋輔さんが、同大会で二連覇という快挙を果たしたこともあり、エアギター世界大会について耳にしたことがある人もいるのではないだろうか。

絵文字には、メタル音楽にノッて首をガンガン振りまくるベッドバンガーのデザインが施され、「楽しもうぜ!」といったノリを伝えたい時に使えそうである。

・フィンランド以外の国でもダウンロードが可能に!

現段階で、メディアに公開されている3つの絵文字を見ると、なぜか携帯電話のデザインが! これは、フィンランドの電子機器メーカー「ノキア」が発売した、壊れないことで有名だった ‟Nokia3310” というモデルだ。「壊れない」との意味を知らせたい時に、使う絵文字だそうだ。

この3つを含む30種類以上の絵文字は、2015年12月1日からダウンロードが可能で、フィンランド以外の国でも使用できるそうだ。

果たして、絵文字のなかにムーミンのデザインがあるのか気になるところだが、もしあれば、筆者もダウンロードしてみたいと思う。

参照元:TwitterMashableThis is Finland(英語)
執筆:Nekolas

▼サウナに入っている裸の男女の絵文字が大胆!?

▼ヘッドバンガーとNokiaの携帯電話の絵文字も!