1

サメの代名詞ともいえる ‟ジョーズ” は、パニック映画『JAWS / ジョーズ』が由来となっている。そんな映画の恐怖感を実体験できるのがシャーク・ケージ・ダイビングである。

それは、サメが多く生息する海域で、人が入ったケージを海に沈めるのだが、ある旅行客が体験したサメの襲撃映像「Best Shark Attack Video」がジョーズ顔負けの恐ろしさなのだ! 見ているだけでもビビりまくりなのに、これを実際に体験したら……と考えるだけでも恐ろしい動画を、ぜひ堪能してみてほしい。

・ケージ・ダイビングで3.5メートルのホホジロザメが登場!

動画の撮影者であるヒラリー・ラエさんは、南アフリカ共和国のモーセル・ベイでシャーク・ケージ・ダイビングを体験することになった。すると、ほどなくして3.5メートルほどの大きさのホホジロザメが登場! 

サメを近くで見るためにケージ・ダイビングに挑んだわけだから、サメが現れるのは想定内なわけで、この時点で怖がっていてはいけないだろう。だが動画は、いきなり張り裂けるような女性の叫び声でスタートしたのである!

・ジョーズも顔負けのモンスター・シャーク!!

ケージの周りをグルっと回ったサメは、いきなりケージを支える柱状のバリアに思いっきり噛み付きだしたのだ! 鋭い巨大な歯がすぐ目の前に!! これでもかとガシガシと執拗に噛み続けるため、バリアが折れて、サメがケージ内に突入してくるのではないかという恐怖に駆られてしまう。

実際に、ヒラリーさんの友人は金切り声で「オー・マイ・ガッド!」と叫び続け、スリル大好きな筆者も「すぐにケージを上げてくれ~!!」と泣きついてしまいそうになった。もう、これはジョーズも顔負けのモンスター・シャークっぷりである。

・ブイが半分にへこみ、バリアは噛み潰される事態に!

サメが体当たりした衝撃で、ケージの周りに取り付けられていたブイは半分にへこみ、バリアも噛み潰されてしまったという。ヒラリーさんは、動画で見るよりも、実際はもっとサメとの距離が近かったと映像にコメントを添えている。

幸いバリアもケージも壊されることなく、二人に危害は及ばすに済んだそうだ。それにしても、こんな恐怖体験をしたら、毎晩サメに襲われる悪夢にうなされそうである。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが恐怖のサメの襲撃映像だ!!