doronganja

空から降って来るものといえば、大地をうるおして、草木を育ててくれる恵みの雨だけだと願いたいところだ。

だが、時として空からは隕石が落ちて来たり、魚が降って来たという話まである。そして、なぜか空から大麻がわんさか入った袋が落ちて来て、犬小屋が木端微塵に破壊されてしまった話がネット上を賑わせている。一体なぜ、空からヤバいブツが降って来たのだろうか!?

・空から10キロの大麻が詰まった袋が落下!

メキシコ国境に位置する米アリゾナ州ノガレスに住むマヤ&ビル・ドネリーさんが、ある夜中、外で大きな衝撃音を聞いて目を覚ました。最初は雷の音かと思った夫妻だったが、外に出て様子を伺うと、大きな音を立てた犯人の正体が思いもしなかった物で驚愕してしまったという。それは、なんと23ポンド(約10キロ)相当もの大麻が詰まった袋だったのである!!

・車庫の屋根を突き破って犬小屋を破壊!!

大量のブツが入った袋は家の車庫を突き破って、夫妻の愛犬でジャーマン・シェパードのハルクの犬小屋を破壊してしまったのだ! 10キロと言えば、5キロの米袋2つ分である。そんな重さの物がかなりの高さから降ってきたら、相当の衝撃。打ち所が悪かったら命取りになりかなねい。

幸いにもハルクは、大麻の落下当時に家の周りをウロウロしていて犬小屋に不在だったため、怪我を負うこともなく無事だったそうだ。

・無人航空機ドローンによる大麻の密輸説が濃厚

通報を受けて駆け付けた警察の話では、大麻の価値は1万ドル(約120万円)相当にもなるとのこと。メキシコ国境近くの町で、夜中に空から大麻入りの袋が降って来たとなれば、まず密輸だろうと誰もが疑うに違いない。そして当局も、無人航空機ドローンによって運ばれていた大麻が落ちたか、届け先を間違えたとの説が濃厚だと見ている。

ワンコが、大麻が詰まった袋に潰されなくて本当に良かった!! それにしても、世界ではドローンによるピザや大麻配達サービスも開始されているうえ、Amazonもドローンでの配送を検討中だ。空から何が降って来るか分からない時代に突入しつつあるだけに、頭上にも十分注意を払わないといけない日が来るかもしれない。

参照元:MashableNogales Internationalthe guardian(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.