main

あらかじめ言っておくが、私は筋金入りのインドア派である。キャンプなどは基本的にしたくない。それよりホテルのベッドで寝たいのだ。だが、そんな私でも「これなら寝てあげてもいっかな……」と思わず頬を赤らめてOKしてしまいそうなテントが誕生したのでご紹介したい。

驚くことにそのテントは、なんとマイナス30度でも寝られるとのこと。マジかよ! 超インドア人間である私も、試しに北極まで行って野宿でもしたくなってきたぞ! これは同じくインドア派の人にもぜひ知っていただきたい。

・宇宙服と同等の耐熱性

海外のニュースサイトによると、スイスの企業が開発したこのテント「ALL-IN-ONE Schlafsystem」は、宇宙服と同じ技術を使った素材で作られているらしい。それにより、宇宙服と同等の耐熱性を獲得したとのことである。

先ほどマイナス30度でも寝られると書いたが、これは使用者の体温だけでの話だというのだ。つまりテント内でガンガンに防寒しなくても、マイナス30度に耐えられると。凄すぎるだろ……。

・キャンプ三種の神器がひとつに

さらにこのテントは、キャンプの三種の神器であるテント(屋根)、マット、シュラフ(寝袋)がすべて一体になっているという。これさえあれば、とりあえずはどこであろうと寝られそうだ。なんだかどんな極限状態にでも耐えられるような気がしてくるではないか。

・2016年3月発売予定

このスーパーテント、メーカー側は2016年3月に販売を開始したいと考えているとのこと。意外ともうすぐだ! 来年のロケットニュース24には、このテントを使いサバイバルに挑戦する私の姿が掲載されている……かもしれない。

参照元:YouTubeMail Online(英語)
執筆:あひるねこ

▼商品はYouTube の動画でも紹介されている