2

ペットと固い絆で結ばれる飼い主は大勢いるが、時として、動物同士でも美しい友情を築くことがある。

ある動物保護施設生まれのニャンコが、道で保護されてシェルターにやって来た盲目の子猫から片時も離れず、補助犬ならぬ補助猫のような役割を果たしているというのだ。そんな、美しく感動的な2匹のニャンコの友情について紹介したい。

・盲目の子猫が年上のオス猫と同室に

米サウスカロライナのエイキン群に所在する、動物保護施設にやって来た灰色の子猫の名はブリンキンだ。冒険活劇『ロビン・フッド』に登場する盲目の従者ブリンキンにちなんで命名された子猫は、そのキャラクター通り目が不自由である。

シェルターに保護されてしばらくした後、子猫が盲目であることに気付いた従業員が、ブリンキンの助けになればと、少し年上のオス猫ヘフティーと同じ部屋に入れることにしたのだ。

・ヘフティーが盲目のブリンキンのガイド役に!!

すると動物の本能なのか、ヘフティーはブリンキンの目が見えないことに気付いているようで、助けが必要であることを分かっている様子だったという。

それ以来、どこに行くにでもヘフティーはガイドのようにブリンキンの後を付いて回り、いつも寄り添って寝ているのだとか。すっかり親友同士になったという2匹の姿は、見ていて本当に愛らしい限りだ。

・2匹一緒に新しい家族のもとへ!

そんな、ブリンキンとヘフティーについてメディアが報じたことから大きな注目を集め、シェルターに「2匹を引き取りたい」との問い合わせが殺到! シェルター側は、2匹を一緒に引き取ることを条件に里親を探していた模様で、後にブリンキンとヘフティーは、あるカップルに無事にもらわれていったそうだ。

人間同士に相性があるように、やはり動物にも相性があるのかもしれない。ブリンキンが、常に支えてくれる親友ヘフティーを見つけただけてなく、2匹が新しい家族を見つけられて何よりだった。

参照元:YouTubeWAGT26Love Meow(英語)
執筆:Nekolas