猫

電話をかけ、相手がガチャッと受話器を取る。「もしもし」と話かけたら、相手は人間ではなく猫だった……なんて話は聞いたことがない。

しかし、そんなあり得ないことが実際に起こったのである。決定的瞬間は、YouTube の動画「Cat answers phone」で確認できるぞ。

・電話に出ようとする黒猫のジャックス

動画を再生すると、映し出されるのはテレビの置かれた部屋。そしてしばらくすると、「トゥルル……トゥルルルル」と電話の音が、室内に響き渡る。だが、誰も電話に出ない。と、その時……! 隣の部屋から黒猫が登場!! 今回の主役・ジャックスである。

ジャックスは、電話の置かれている棚にジャンプ! それからなんと、電話の受話器を口でくわえて持ち上げるのだ。

相手と喋りたいのか? それとも音に興味があるのか? はたまた受話器が大好きなのか? ……詳しいことは分からないが、和む姿であることは間違いない。

・黒猫と電話で話がしてみたい

電話をかけて来た相手は「???」だっただろう。だけど、受話器を取ろうと奮闘するジャックスの姿を相手が実際に見れば、微笑ましい気分になったのではないだろうか。

もし私が相手だったら、猫と喋れるようになって、黒猫のジャックスと電話で話がしてみたい! そんな風に思えた動画だニャー。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:
Media Credit :Jukin Media

▼「電話に出る猫」はこちら