目覚ましを何回もスヌーズさせたのち、眠たい目をこすりながら朝支度を始める……眠い。別に夜更かしをしたわけでもないのに、なんでこんなに眠いんだろうか? 

そんな人が溢れかえっている状況に「原因は社会にある!」と主張するのは、英オックスフォード大学のポール・ケリー博士だ。ケリー博士によると「そもそも人の体は9時前から働くようにできていない!」のだそう。ふむふむ……興味があ……(すぴー)……あるぞ! どういうことか聞いてみよう!

・10時始業がベスト!

ケリー博士は「人の体内時計は太陽光に呼応していて、そのリズムを強制的に変えることはできない」と説明。

そして「肝臓と心臓は(社会が強制する生活リズムとは)異なるサイクルを持っているため、9時前から働くと心臓と肝臓を無理矢理叩き起こすことになる」とのことだ。

なので、体が完全に起きるまで待って、10時から仕事を始めるのが理想的だという。逆に9時前に従業員を働かせ始めると、『怒りっぽい、不安症、ストレス、高血圧、肥満、精神病』などの健康被害の原因となるそうだ。
sleepmeg

・早く寝れないのには理由がある

またケリー博士は「問題は早めに寝ればいいというほど単純ではない」と語る。現代人が寝不足を解消するために、日頃より早めに寝ようとしても上手く寝付けない理由を以下のように説明した。

「眠いのを一定の時間 我慢すると、ある時から眠くなくなります。この状態をWMZ(Wake Maintenance Zone)と言い、脳が “今寝ちゃダメ!” ということを理解して、覚醒状態を数時間 維持しようとするのです。なので夕方の眠気を乗り越えると目が覚めて、早く寝るのが難しくなるのです」。
sleepingharada

・10時始業で成績がアップの例も

なおケリー博士、決して “オックスフォード大学 睡眠研究所の研究員という立場を利用して、寝坊しちゃおっ! テヘペロ☆” なんてわけではない!

彼の主張を裏付ける研究結果がすでにいくつか発表されている。一例として、イギリスのモンクシアトン高校が授業開始時間を8時50分から10時にずらしたところ、成績上位者の割合が34%から50%に上がったという例も確認されているのだ!
hatoriwasai

・朝型と夜型

少し話題が変わるが、もう一つ睡眠に関する面白い研究結果を紹介しよう。今度は “朝型” と “夜型” に関する研究だ。ご存知の通り、朝早くから効率的に働くことができるのが “朝型” の人。そして午後にエンジンがかかってくるのが “夜型” の人だ。

生活習慣や性格が主因のような気がしてしまいそうな、”朝型” と “夜型” という二つのタイプ。なんと英レスター大学の発表した研究結果によると、これはすでに遺伝子に組み込まれた “型” かもしれないのだ。
hatoriyume

・ハエを使って実験

英レスター大学が行った実験は以下の通りだ。

ある種のハエが蛹(さなぎ)から羽化する時間帯を調べた。ハエが羽化するタイミングは体内時計によってコントロールされて、多くのハエは夜明けの時間帯に羽化する。だが少なくない数のハエが、より遅い時間に羽化することが分かった。

そこで夜明けに羽化するハエを “朝型” 、それより遅く羽化するハエを “夜型” としてグループ分けして遺伝子を調査したところ、80以上の遺伝子に大きな違いが見られたそうだ。つまり朝型と夜型のハエでは、遺伝子レベルでの違いがあるのだ!
wasaiueda

・虫と人の遺伝子って意外と似ている

ここでそれはハエの話でしょ? というツッコミを受けるかもしれない。しかし研究者によると、昆虫と人の体内時計に関連する遺伝子は意外と似ているらしい。

そこで「今回の研究結果に似た結果が、人を対象にした実験でも観測するできるのではないか」と研究者たちは期待しているようだ。
sato

・効率アップの為に時間をずらそう!

そんな訳で睡眠に関する長い記事になってしまったが私が言いたかったのは、日本の会社も(少なくとも夜型の人のために)遅めの始業時間を検討してみては? ということだ。

従業員の健康状態がよくなり、作業効率アップ → 業績アップだ! 名門オックスフォード大学の偉い博士が言ってるんだから間違いない!! さあ早く10時始業にしよう! そしてみんなでゆっくり寝よう。

参照元:Daily MailUniversity of Leicester (英語)
執筆:ゴールド土方
Photo:Rocketnews24