2

映画や本などでストーリーが悲しい結末を迎えてしまうと、自然に涙がこぼれ落ちることがある。だが、どのように話が終わるか知っていたら、2度目から泣くことはあまりないと思うが、ある赤ちゃんにとっては関係なさそうである。

というのも、ママの読み聞かせが好きすぎて、物語が終わると決まって大泣きする赤ちゃんが ‟カワいすぎる!!” とネット上で大人気となっているのだ。そんな、ママのお手上げな表情も笑いを誘う動画は、「The saddest bookworm」で確認できるぞ!

・うさぎさんの物語に聞き惚れる赤ちゃん

おそらく、北米で撮られたと思われる動画では、匿名のママが、赤ちゃんに絵本「I am a Bunny(私はうさぎ)」という絵本を読み聞かせてあげている。うさぎのニコラスが、四季を通して感じる自然の美しさを綴ったストーリーは、アメリカの図書館にならどこにでも置いてある定番の絵本だ。

キューピーさんのような髪型にピンクなほっぺが超愛らしいベイビーは、ママの読み語りに聞き惚れながら、じい~! と絵本を凝視してウットリとした様子である。

・読み聞かせが終わるたびに号泣!!

そして、ストーリーが終わって「おしまい」とママが絵本を閉じると、赤ちゃんがうえ~ん! と顔を真っ赤にして号泣し始めたではないか!

慌てたママは、もう一度絵本を開いて朗読を再開。すると赤ちゃんは、魔法にかけられたようにピタリと泣き止み、絵本に見入っている。だが、読み聞かせが終わって本を閉じると、まるでキューを合わせたかのように、赤ちゃんがまたまた号泣開始!! 悲しい物語というわけではないのだが、赤ちゃんがストーリーを理解しているかのよにも見えてしまう。

・パパが読み聞かせをしてもやっぱり大泣き!

さすがのママもお手上げといった感じで、困った表情で肩をすくめる始末。さらに日が変わって、再びママが「I am a Bunny」を赤ちゃんに朗読すると、やはり読み聞かせが終わると赤ちゃんは大泣きしだし、パパが本を読んでも結果は同じに……。違う絵本でも同じ現象が起きてしまう模様で、赤ちゃんはよっぽど読み聞かせが好きなようだ。

本が大好きな赤ちゃんの愛らしいリアクションに、動画の再生回数は350万回に迫るほどに! この赤ちゃんが大きくなったら、ものすごい読書家になりそうである。

参照元:YouTubeAmazonMail Online(英語)
執筆:Nekolas

▼ママの読み聞かせが終わると、必ず大泣きする赤ちゃんの動画はこちら