2

iPhone に搭載されている音声認識型のパーソナルアシスタント機能「Siri」。何か質問すると、トンチンカンな答えが返って来たりするので、暇つぶしに遊んでいる人が結構いるようだ。

だが、いざという時には、命を救ってくれるほどの大活躍をSiriが見せてくれることが判明した。というのも、トラックの下敷きになった青年が、Siriに「911に電話して!」とひと言伝えると、大ピンチから脱出できたというのである!!

・青年が2.3トンのトラックの下敷きに!

米テネシー州に住む18歳のサム・ライ君が、自宅のガレージで、トラックの下に潜り込んで修理をしていた時のこと。すると、なんと車を支えていたはずのジャッキが壊れてしまい、2.3トンもあるトラックの下で身動きが取れなくなってしまったのだ!! 急いで脱出しなければ、ジャッキが完全に潰れたらトラックに押し潰されて、彼が助かる見込みはない。

・お尻でダイヤルしてしまったSiriに通報をお願い!

と、その時である! サム君がお尻のポケットに入れていた iPhone から、Siri が起動する音がが聞こえてきたのだ。すかさずSiriに、「911(緊急電話番号)コールしてくれ!」と叫ぶと、何度か試した後、見事に警察のコールセンターへ電話がつながったのである!

通報を受けた人は、最初は声が聞こえないので間違い電話かと思ったが、耳をすますと、サム君の助けを呼ぶ叫び声が聞こえてくるではないか!!

・重傷を負っていたが命に別状はなし

サム君も緊急電話番号にダイヤルはできたが、自分の声が相手に聞こえるかどうか心配だったという。こうして、サム君を危機から救うために救助隊が派遣され、重傷を負っていた彼をヘリコプターで病院へ搬送。サム君のあばら骨は3本折れ、腎臓損傷と額への傷、ひどい火傷を負っていたが、命に別状はなかったそうだ。

Siri は、iPhone のホームボタンを少し長く押すと起動するため、必要ない時オンになって面倒に感じてしまうこともある。だが、今回は偶然に起動したとはいえ、Siri のおかげで青年の命が救われて何よりだった。

参照元:YouTubeabcNEWSNBC NEWS(英語)
執筆:Nekolas

▼Siriのおかげで命を救われた青年のニュース動画はこちら