lawmanuniteddick

マンチェスター・ユナイテッドといえば、サッカー日本代表の10番・香川真司選手が2シーズン所属してこともあり、日本でも知名度の高いビッグクラブだ。世界中にファンがおり、もちろん日本にも熱狂的なファンは数多い。

しかし……しかしである。ただ熱狂するだけにとどまらず、香港の熱烈なマンUファンの男性は、とんでもない行動に出てしまったかもしれないと話題になっている。なんと彼は、自分の名前をクラブチーム名が入ったものに変更してしまったらしい。

・香港の男性が名前を変更か

ひとつのことに夢中になれるのは、素晴らしいことである。それが何かのスポーツ……サッカーという人もいることだろう。サッカーはクラブと街が一心同体であることが多く、生活の一部として成り立っているため、何らめずらしいことではない。

とはいえ、自分の名前にクラブチーム名を入れるとなると、誰もが躊躇(ちゅうちょ)するもの。周囲もドン引きするレベルしてしまうことだろう。しかし、それをやったとウワサされているのが先述の通り、香港の男性である。

・インパクト大の新しい名前

彼の新しい名前は「ロウ・マン・ユナイテッド・ディック」。タトゥーで愛する人の名前を彫るかのような手軽さで、本当に自分の名前を変えてしまったとしたら信じられないことだ。

しかも、ペンネームのようなものではなく、合法的に……正式な手続きを踏んだという情報が飛び交っているのだから、もはや開いた口が塞がらない。おそらく周囲の説得も「退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!」といった感じで突っぱねたのだろう。

・とことん愛を貫いて欲しい

献身的な愛がいろんな意味で “痛すぎる” ほど伝わってくる名前だが、愛ゆえに人は苦しむことがあれば、悲しむこともある。「愛(マンU)などいらぬ!」。もし本当に名前を変えていたとしたら、そんな日が彼に来ないことを願いたい。

参照元:IndependentMirror(英語)
執筆・イラスト:原田たかし

▼まじかよ!

▼イラストレーター原田たかしの全力イラスト
zenryoku