1

今日も今日とて、世界中で女性のお胸を守るために活躍している「チチバンド」ことブラジャー。さて、そんなブラジャーを、あなたはどんなふうに身に付けているだろうか?

後ろでプチっと留める? 前で留めてグルっと後ろに回す? ……というのも、ブラジャーの留め方でその人の性格が分かるというではないか! 今回はその性格診断をお伝えするので、男の人も「自分ならどうするかな?」と想像して楽しんでみよう!!

・人間行動学のプロが、ブラの付け方で性格を分析!

米ジョージア州、アトランタのエモリー大学でボディーランゲージと人間行動学について教鞭をとるパティ・ウッドさん。なんとブラジャーの付け方で、4つのタイプに性格を分けることができると、ウッドさんは主張しているのだとか。では早速、それぞれのタイプを見てみたい。

【背中でホックを留める人:サポートタイプ】

後ろに手を回して背中でホックを留める人は、周囲を支えるサポートタイプ。伝統や習慣を重んじて、一度教えられた方法を律儀に守る。変化を嫌う傾向にあるので、新しいことをやってもらいたい場合などは、じっくりと説得する必要があるだろう。

またフレンドリーな気配りさんで、他人の話にもちゃんと耳を傾けることができる。友人のお誕生日も覚えていて、泣きたいときには側にいてくれる人なのだとか。

【前でホックを留めてから、背中に回す人:カリスマタイプ】

前でブラのホックを留めてから背中に回す人は、周囲に影響を与えるカリスマタイプ。本人も、他人から常に評価されて、特別扱いされたいと思っている。ブラのホックを前でしっかり留めるように、狙ったものは逃さない。

ユーモアも解し、新しいことに果敢に挑戦するチャレンジャー。けれども飽きっぽかったり、物事のステップをすっ飛ばしてしまうようなセッカチな面も持ち合わせている。

1

【フロンホック型のブラを使う人:効率重視タイプ】

ホックが体の前についている “フロントホック型” のブラを使う人は、時間の無駄が嫌いな効率重視タイプ。背中のホックを手探りで留めるなんて、非効率そのもの! 

時短、効率などを追い求めるあまり、他者にもそれを強く求める傾向があるかもしれない。公私において、主導権を握りたがる面も。

【ホックを留めたブラを頭からかぶる人:完璧主義者タイプ】

ホックを留めたブラを頭の上からスッポリかぶる人は、完璧主義者タイプ。注意深く、生まれついての分析家さんだ。フロントホック型とは違って、じっくり時間をかけ、物事をあらゆる面から考察する。最初から最後までをキチンとさせたい完璧主義。しかし注目されるのは苦手かもしれない。

――以上である。毎日ブラを付けている身からすると、「え〜と、本当かな?」とちょっと信じきれない点もあるけれど、なかなか興味深い内容だ。

しかし、もっぱらブラ付きのキャミソールばかり着ている人や、ノーブラ主義さん、「彼がホックを留めてくれるから、自分では留めないわ」という人なんかは、一体どのタイプに当てはまるのだろうか?

参照元:MailOnlineredbook(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:Rocketnews24