1

テクノロジーの発展のおかげで、生活のあらゆる面が便利になったのは、本当にありがたいことである。……が! 出会い系サイトや不倫サイトといったものまで登場し、浮気や不倫が簡単にできる世の中になってしまったことは残念である。

そんななか、なんと既婚者向け不倫サイトがハッキングされ、3700万人の個人情報が根こそぎ流出するという事件が起きたというのだ!! もしかしたら、これから自分の身にも起きかねない事件だけに、他人事ではないかもしれないぞ!

・不倫サイトがハッキングされ大量の個人情報が流出!!

今回ハッキングされ、3700万人もの個人情報が根こそぎ流出してしまったのは、‟人生は短い。不倫しましょう” とのスローガンを掲げる既婚者向け不倫サイト「Ashley Madison:アシュレイ・マディソン」だ。

ハッキングされたファイルに含まれていたのは、会員の氏名と住所、電話番号やクレジットカード番号といった重要な個人情報。事件発生から1カ月後の2015年8月18日には、データがネットで公開される事態にまで発展してしまったのだ!

・ハッカー集団がサイトを閉鎖するよう要求!

そして、アシュレイ・マディソンを経営する親会社「Avid Life Media」が所有する、他の出会い系サイトも同様の被害に! 年上女性が若い男性と出会う「Cougar Life:クーガー・ライフ」と、裕福な男性が若い女性を探す「Established Men:エスタブリッシュ・メン」のデータもハッキングされたとのこと。

これらのサイトをハッキングしたのは「The Impact Team:ザ・インパクト・チーム」と名乗るハッカー集団で、彼らは全てのウェブサイトを閉鎖するよう要求している。

・専門家が流出したデータの真偽を精査中

ハッカーグループは、サイトを閉鎖しなければ、会員の性的嗜好を紹介したプロフィールまで流出すると脅迫。しかし、不倫サイトという性質上、会員は偽名や同サイト用に作ったEメールアカウントを登録している場合もあり、情報がネットで公開されても、会員が誰であるか特定することは難しいかもしれない。

現在、専門家が流出したデータの一部を精査中だが、流出した個人情報が、ハッカーグループによって捏造(ねつぞう)されたものでないかどうか、真偽のほどは確認されていない。

ちなみにアシュレイ・マディソンは、日本版のサイトもある。同サイトだけでなく、不倫相手を探すウェブサイトは他にもあるようだが、やはりコソコソとやましいことをしていると、いつか因果応報で自分の身に災いが降りかかるものなのではないだろうか。

参照元:YouTubethe guardianMail OnlineKrebsonSecurity.com(英語)
執筆:Nekolas

▼不倫サイトがハッキングされ、大量の個人情報が流出したニュースを報じた動画