result (1)

あなたは、どんな学生時代を過ごしていただろうか? もしも “イケてるグループ” として学生生活を謳歌していたのなら、その後の人生の過ごし方に、注意をした方がいいかもしれない。なぜなら、「学生時代に “イケていた人” は、後の人生で “どんでん返し” が起こる可能性が高い」との調査結果が発表されているからだ。

そして2014年に発表されたこの調査結果が、2015年の今、再び話題に。「これはマジだと思う」「当っていない」と、調査にまつわる意見・体験談が集まってきているのだとか……。

・イケていた生徒は、後の人生で “詰みやすい” !?

以前、当サイトでもお伝えした、「学生時代に “イケていた” 生徒だった人は、その後の人生で、“イケてなくなる” 」との調査結果。米ヴァージニア大学が、13才の男女184名を選出し、その後10年間かけて追跡したところ……22才になると立場が逆転! 

“イケているグループ” は、薬物やアルコール中毒に苦しんでいたり、犯罪歴がある確率が高く、“イケていないグループ” に一目置かれなくなるというのだ。その理由は、「自分をカッコよく見せようとドンドン背伸びをしていって、薬物やアルコールに手を出したり、犯罪に手を染めてしまうのではないか」と研究者は見ているようだ。

・賛成者の声「マジでそうだと思う」

そんな調査結果が、この度メディアで再び取り上げられたところ、ネット上では様々な声が噴出。例えば Mail Onlineでは、下記のような「調査結果は、マジだと思う!」とのコメントに賛成の声が集まっているのだった。

「その通りだと思うよ。証拠は同窓会でゴロゴロ転がっているよね」
「子供だろうが、大人だろうが、カッコつけちゃダメってことだ」
「子供時代のオタクには親切にしなくちゃね。だって彼らは、将来の上司なんだから」
「知ってた」
「30才以上の大人なら、みんなが知っている事実」
「学校は狭い世界だからね」
「僕は教師だけど、確かに当っていると思う。学校で通じたことが、社会では通じなくて、“イケているグループ” の子供は対処の仕方が分からないんだ」
「これはマジでそう」

他にも「あたっているかもしれないけど、例外ってものがあるからね」「この記事を書いた人物は、学生時代に “イケていないグループ” だったのでは? “イケてるグループ” に仕返ししているんだ! 」なんて中立的な声があったものの、否定の声は埋もれている印象を受けた。

・「みんな幸せなのが一番だよ」との声も

一方の海外サイト Reddit では、「学生時代の人気者って、今はどうしてる?」との質問に、上記とは違ったコメントに賛同が集まっていた。こちらも少し覗いてみよう。

「みんな幸せが一番いいでしょ。学生時代の人気者も幸せ、人気者じゃなかった僕も幸せ。それでいいんだ」
「他人の事は知らない。卒業したら、そのまま自分の道を歩き続けるだけだ」
「それぞれが、それぞれの分野で成功しているんじゃないかな?」
「確かに子供のころに、“イケてるグループ” に腹を立てたこともあるかもしれない。でも、一番大切なのは、みんなが幸せでいることだ。僕たちは誰だって、多かれ少なかれ愚かだったはずだよ」
「“イケてる生徒” も “イケていなかった生徒” も今ではみんな同じだよ」

人生はそう簡単には割り切れない。この調査結果だって13才~22才の人生の一部を切り取っただけなので、その先の30代、40代、50代……に、1人の人間の人生がどうなっているかは分からないはずだ。調査の結果が正しいかどうか、みなさんどう思われるだろうか?

参照元:Science DailyMail OnlineReddit(英語)
執筆:小千谷サチ
Photo:Rocketnews24.