1

海外を旅行すると、宮殿や古城の前に立って、ビクとも動かない兵士の姿を目にすることがある。君主直属の軍人で特別な訓練を受けている彼ら近衛兵(このえへい)は、雨の日でも風の日でも関係なく任務に就いている。

そんな、ストイックに職務を果たす近衛兵をおちょくったアジア人観光客が、かなりイタい目に遭う騒動が起こったというのだ。なんともカッコいい近衛兵の反応を映した衝撃動画は、「Why you don’t harass the Queen’s Guard 」で確認できるぞ!

・英ウィンザー城の近衛兵をからかったアジア人観光客

英ウィンザーにあるウィンザー城は、エリザベス女王が週末過ごす場所として知られ、多くの観光客が訪れる場所だ。女王と城を守る近衛兵は、命を掛けて任務にあたっていると言っても過言ではない。

そして、問題の動画に登場するのは、近衛兵の歩き方を真似しながら、横を一緒に歩くアジア人男性。その様子を撮影している彼の友人達も笑っていることから、近衛兵をからかっているのは一目瞭然だ。

・観光客のアホな行動に近衛兵がブッチ切れ!!

この時点で、イギリスの伝統や文化に敬意を払わない観光客の行為に、見ていてムっとしてしまう人は多いだろう。すると、あろうことか例の男性が、一緒に歩くだけでは飽き足らなかったのか、近衛兵の肩に手を載せてしまった!

と、その瞬間、近衛兵が銃剣を男性に向けて、「女王の近衛兵から離れろ!!」と、ものすごい怒号で一喝!! 慌てふためいた観光客は、マッハの速度で飛びのき逃げ出してしまった! 近衛兵に対して失礼極まりない態度を取っていた割には、男性の逃げ足がやたらと早かったのに笑ってしまった。

かなり情けない観光客の姿を映した動画は、すでに再生回数が1000万回を超えている。

・部外者を脅すことが許されている近衛兵

しかし、まさか近衛兵がブチ切れるとは予想外! だが、王室を守る任務にあたっている近衛兵にしてみれば、部外者に脅されていることになる。実際のところ英軍の広報担当者によると、近衛兵は、部外者を怒号で警告することが許されているのだという。それでも部外者が引き下がらない場合は、銃剣で脅しても問題にはならないのだそうだ。

近衛兵をからかう行き過ぎた観光客は、大抵は警官や警備員によって対処されることが多いとのこと。だが今回は、訪問国への敬意を欠いた観光客にとっても、良い教訓になったのではないだろうか。海外へ行ったら、その国の文化や伝統を重んじて、軽率な行為に及ばないよう気をつけたいものだ。

参照元:YouTubethe guardian(英語)
執筆:Nekolas

▼アジア人観光客が「英ウィンザー城の近衛兵にちょっかいを出したら」こうなった!!