0

ダイオウグソクムシ、シーラカンスに、メンダコ、フウセンウオ……深海の生物は、われわれ地上の生物からは想像できないような生態をしており、それが何とも可愛らしくて、現在、人気沸騰中だ!

そんなラブリー深海生物界にニューフェイスが登場したらしい。先日、新種のタコが発見されたのだが、それがめちゃくちゃ可愛いというのだ! どんなタコかと見てみると、頭に猫耳っぽいものがついているではないか!! 可愛すぎて学者さえも萌えるレベルだというのである。

・可愛すぎるタコが発見される!

新種の可愛すぎるタコが発見されたのは、米カフリフォルニア州のモントレー湾である。モントレー湾水族館研究所の研究員ステファニー・ブッシュさんがサンプル採集をしていた際に、水深450メートル付近で発見したのだという。

・スズランのような可愛らしい形

その新種と見られるタコちゃんを見てみると……きゃわわわわ!! 丸っこいピンクのプルプルした体がラブリー。8本の足はそれぞれヒレのような膜でつながっていて、全体的なフォルムはまるでスズランの花のようだ。そして大きな丸い目を持っている。

・頭にはネコ耳みたいなヒレ!

このタコちゃんの特徴は何と言っても……頭の上についてヒレ! 水中で頭のヒレをヒラヒラさせているのだが、それが位置といい形といい、まるで猫耳のよう。ただでさえキュートな姿なのに、そんな風にピコっと猫耳を立てられたら、もう、もう、悶絶キュン死するしかないのであるッ!

・可愛すぎるメンダコ

この新種の “猫耳タコ” は深海に生息するタコ“メンダコ”の一種と見られている。発見者のステファニーさんは、この “猫耳タコ” のあまりの可愛らしさに心を打たれたのだとか。

ステファニーさんは、この新種のタコには、学名にはラテン語で「可愛い」という意味の「adorabilis」をつけたいと考えているそうだ。「Opisthoteuthis(メンダコ属) adorabilis(キュート)」。日本名をつけるなら……「可愛すぎるメンダコ」と言ったところだろうか。

参照元:YouTubeMail Online(英語)
執筆:沢井メグ

▼こちらがそのキュートなタコちゃんだ

▼可愛すぎるメンダコちゃん。泳ぐ姿もキュートである

▼メンダコは日本の水族館でも人気者だ

▼メンダコと言えば『ファインディングニモ』の「おもらししちゃったの」のセリフが懐かしいパールちゃん