1

読者のなかで、今まで命がけで誰かを助けたことがある人はいるだろうか? なかなか日常生活でそんな状況に陥ることは滅多にないが、考える間もなく相手を守るために体が動いたら、それが愛の深さを物語っているのではないかと思う。

まさに、そんな愛の深さを行動をもって証明したワンちゃんがいる。ある盲導犬が、盲目の飼い主を守るために自らバスの前に飛び出したというのだが、果たしてワンコは無事に飼い主を守ることができたのだろうか!?

・飼い主をかばってバスの前に飛び出した盲導犬

米ニューヨーク州のブリュースターに住む62歳のオードリー・ストーンさんは、フィゴという名前のゴールデンレトリバーを盲導犬として飼っている。ある日、目が不自由なオードリーさんが、フィゴを連れて通りを歩いていた時のこと。

二人の幼稚園児を乗せた小型スクールバスが接近して来ていたが、彼女は気づかないまま散歩を続けていた。近辺でガススタンドを経営する男性の目撃談では、バスと衝突しそうになったオードリーさんをかばって、フィゴが飼い主とバスの間に飛び込んだというのだ!

・重傷を負っても飼い主のそばを離れなかったフィゴ

フィゴの命がけの行動も叶わず、オードリーさんも車にはねられてしまったが、衝突のほとんどを受けたのはワンコだった。そして、骨に達するほどの深い傷を脚に負っていながら、3本足で立ったまま、飼い主のそばを一歩も離れようとしなかったフィゴ。飼い主を必死で守ろうとする盲導犬としての使命と、純粋な愛情を感じてならない。

おばあちゃんも手足とあばら、頭部に怪我を負っていたものの、事故後に「フィゴ! フィゴはどこなの!?」と、犬の安否を心配していたとのこと。

・手当てを受けておばあちゃんもワンコも回復中!

すぐにフィゴもオードリーさんも、近くの病院に搬送され手当てを受け、右前脚を包帯でグルグル巻きにされたフィゴの姿は痛々しいが、順調に回復に向かっている。バスに乗っていた幼稚園児とドライバーに怪我はなく、バスのバンパーには、バスに体当たりしたフィゴの毛がしっかり引っ付いていたそうだ。

オードリーさんにとってフィゴは3番目の盲導犬だが、「特にフィゴは一心に尽くしてくれる」と語っている。盲導犬は飼い主の目となるのが役割だが、フィゴはオードリーさんにとって、それ以上の存在のようだ。

参照元:YouTubelohudDAILY NEWSCBS NEW YORK(英語)
執筆:Nekolas

▼飼い主をかばって、バスの前に飛び出した盲導犬のニュース動画はこちら