4

スポーツ選手にとって、持って生まれた体型が強みになることがある。体操選手は小柄なほうが技をキメやすいし、バレーボールやバスケットボールのプレイヤーは、やはり背が高い方が有利だ。

まさに、そんな体型を活かし、バスケ選手として活躍する中学生が大きな注目を集めているので紹介したい。なんと彼は、まだ中学2年生にして身長が216センチ!! しかも、そのプレーっぷりが華麗すぎて、対戦相手に完璧同情しちゃうレベルなのだ。彼のプレーは動画「7’3 8th Grader Chol Marial」で確認できるぞ!!

・中学校2年生にして身長216センチ!!

アフリカのスーダン出身のチョル・マリアル君は、中学校2年生。彼が普通の中学生と大きく異なるのは、身長が216センチもあることだ。ちなみに、巨人が集まるプロバスケットボールリーグNBAのなかでも、ズバ抜けた背丈を誇っていたシャキール・オニールの身長も216センチである。

そんな超高身長を活かし、現在、チョル君は米フロリダ州の中学校でバスケットボール選手として活躍中だ。

・身長と才能を持ち合わせた未来のスター選手

ここで言っておきたいのは、背が高いからといって誰でもバスケを上手にプレイできるかというと、それはまた別の話である。例を挙げると、身長153センチの筆者が小柄だからといって、体操選手のように簡単にバク転やバク中ができないのと同じことだ。

やはり運動神経や才能は、体型とは別のところに存在する。そしてチョル君は、身長と才能の両方を持ち合わせた恐るべきプレイヤーなのだ!

・プレイが華麗すぎて対戦相手に同情しちゃうレベル

それにしても、チョル君が試合でコートに現れた瞬間から、対戦チームは即効でやる気減退モードに突入しそうである。明らかに彼は、どの選手よりも頭ひとつ分以上は背が高いからだ。しかも腕も超~長くて、簡単にボールを奪われてゴールを決められてしまいそうなのは一目瞭然!

彼のプレーを映した動画を見ると、高身長にもかかわらず小回りの利いた動きと遊び心を見せた余裕あるプレーは、中学生とは思えないほど!! バシバシと華麗にダンクシュートをキメまくる彼に見とれると同時に、対戦チームに思わず同情してしまうレベルなのだ。将来NBAチームで、チョル君が大活躍する姿が見れることは間違いないだろう。

チョル君が高校を卒業して、NBAのドラフトを受けられるのは2019年だそうだ。それまでにバスケの技術をさらに磨いて、ひと回りもふた回りも大きく選手として成長しているではないだろうか。

参照元:YouTubeMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼チョル君の高身長を活かした華麗なプレーはこちらで見れるぞ!!