1

近年の医療技術の進歩には目覚ましいものがあり、昨年は、3Dプリンターで作られた頭蓋骨を人間に移植する手術が行われ、大きな話題を呼んだ。

そして、今回は人間の頭皮と頭蓋骨を人間へ移植する手術が行われ、見事に成功したというのである! 患者の男性の経過も良好で、「21歳の時より髪の毛が増えた!」と喜びのコメントを発しているのだ。

・人間の頭皮と頭蓋骨を移植する手術は世界初!

世界初と言われている ‟人間の頭皮と頭蓋骨を移植する手術” を受けたのは、米テキサス州出身で55歳のジム・ボイセンさんだ。癌(がん)治療により頭に大きな損傷を負った彼は、頭皮と頭蓋骨だけでなく膵臓(すいぞう)と腎臓の移植手術も受けたとのこと。

・21歳の時より髪の毛が増えた!

移植手術後のジムさんの写真を見ると、頭全体に残る縫合の跡が痛々しいが、本人は提供された頭皮の色と肌質が、自分のものとピッタリ合っていることに驚いたと述べている。さらに、「21歳の時より髪の毛が増えました」と冗談を言う余裕を見せるジムさんの経過は、良好の模様だ。

・特殊な平滑筋肉腫を患ったジムさん

ジムさんは、5歳の時から患っている糖尿病の治療のため、1992年に腎臓と膵臓の移植手術を受けたそうだ。拒絶反応を防ぐために免疫抑制剤を飲み続けてきたという。ところが、癌を誘発する危険性がある薬を飲み続けてきた彼は、珍しい型の平滑(へいかつ)筋肉腫にかかってしまう。

この癌は、血管の壁などを形作っている特殊な筋肉、平滑筋に発生する腫瘍だ。そしてジムさんの場合は、頭皮の組織がむしばまれてしまったのである。

・癌治療が皮肉な結果を生むことに

こうして、放射線による癌治療を受けた彼の頭皮は大きな損傷を受けてしまった。さらに、免疫抑制剤が損傷の回復を阻止し、移植した臓器が機能しなくなるという皮肉な悪循環を生みだしたのだ。そこで、内臓調達機関の「LifeGift」が、1年半かけてジムさんに適合する臓器を探し出し、移植手術を行うに至ったのである。

無事に手術が成功し、ジムさんが回復に向かっているとのことで何よりだ。そして、移植した頭皮の髪の毛が、これからも普通に伸びてくるのか少し気になるところである。

参照元:YouTubeMashableMail OnlineThe Telegraph(英語)
執筆:Nekolas

▼世界初となる頭皮と頭蓋骨の移植手術を受けた後、会見に登場したジムさん