1jp

これから夏に向けてバーベキューの季節になると、焼いた肉をパンに挟んでサンドイッチにして食べることも多い。だが、食パンではイマイチだし、かと言ってロールパンでは小さすぎるし、ハンバーガー用のバンズは普通のスーパーではあまり置いていない……。

そんな時のために役立ちそうな画期的なサンドイッチ用ナイフが登場!! それを使えばフランスパンなどを均等なサイズに、しかも具のこぼれも防止できるようにカットできるというのだ! それでは、夏場に大活躍しそうなサンドイッチ専用ナイフについて紹介したい。

・サンドイッチの魅力は全てを一緒に食べられる点!

約300年前に、第4代サンドイッチ伯爵ことジョン・モンタギューにちなんで、命名されたとされる軽食のサンドイッチ。ポーカーが大好きだった伯爵が、手早く食事を済ますために、おかずをパンに挟んで食べ始めたのがサンドイッチの原点だと言われてる。

その由来からも分かるように、なんと言ってもサンドイッチの魅力は、全てを一緒に食べられる点である。しかし、欲張って具をたくさん入れすぎるとパンの端から具が落っこちたり、はみ出したりしてしまうのが難点だ。

・パンの厚さを均一に切って、具のこぼれも防止しちゃうナイフ!

そこで、そんなサンドイッチの欠点をカバーするべく特製ナイフを開発してしまったのが、カナダのトロント在住で食品輸入業に携わるゲイリー・イハスーさんだ。

特に名前は付けられていないナイフは、刃渡り30センチほどの2枚刃が付いているのが特徴的。このナイフでパンを切ると、2切れ分を均等かつ同時にカットできるだけでなく、完全に2枚に分かれていないので具を入れても中身がこぼれないのである! これなら、好きな具をテンコ盛りに入れてガッツリかじっても、中身を服に落として汚す心配もなさそうだ。

・2015年10月から販売開始されるナイフは約2500円

現在サンドイッチ専用ナイフは、、目標額2万2500ドル(約280万円)を目指して、資金調達サイト “KICKSTARTER” でキャンペーンを展開中だ。期間は残すところ22日で、現段階で5596ドル(約69万円)を集金! キャンペーン終了後、2015年10月から販売開始される予定の特製ナイフは、20ドル(約2500円)に価格が設定されている。

再来週の週末に、今年4回目のバーベキューパーティーに行く予定の筆者は、サンドイッチ・ナイフに興味深々である。特製ナイフでカットしたフランスパンやサワードウブレッドに、グリルしたチキンと野菜にバジルソースをかけて食べたら、ベトベトにならずに美味しく頂けそうだ。

参照元:Mail OnlineKICKSTARTER(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらが、特製サンドイッチ・ナイフを紹介した動画