0

世界中で指示されている写真共有SNS「Instagram」。単に画像を公開できるだけでなく、写真を手軽にアーティスティック風に加工できる機能が人気、これさえあれば誰でも簡単に写真家気分になれるというものだ!

そんななか、「他人の Instagram 写真を自分の作品として展示したアーティスト」が大きな物議を醸している。しかも、展示しただけでなく “作品” が約1100万円もの高額でバイヤーの手に渡ったというのだ!

・アーティストが他人の写真を自分の作品として展示

他人の Instagram 写真を自分の作品として展示販売したことで炎上したのは、アメリカ人のアーティスト、リチャード・プリンスさんだ。彼は、ニューヨークのグッゲンハイムなどの有名美術館ほか、2015年4~5月には原宿でも個展を開催してきた著名な現代アーティストでもある。

彼の作風は既存の写真をカメラに収め、手を加えることで新たな作品に仕上げてしまうものだ。この手法は評価される一方で、今までにも数々の物議を醸してきたそうだ。

・他人の Instagram 写真を使った作品がを1100万円で販売!!

さて、今回問題となったのは『New Portraits:ニュー・ポートレイト』と題された作品だ。モデルやセレブなど、他人の Instagram 写真のスクリーンショット画像を拡大してキャンバスに転写したものだという。

写真のコメント欄にはプリンスさんの言葉が印刷されており、それが “作品” に新たな息吹を吹き込んでいるとされているものの、「美術作品としていかがなものか」と物議に。これらの作品は、ニューヨークで開催された現代アートの祭典「Frieze Art Fair:フリーズ・アートフェア」でも展示された。

・写真を使用された人が Instagram にコメント

問題作は全部で37点。そのうち、自分の Instagram 写真が使用されたと知ったメイクアップブランド「Lime Crime:ライム・クライム」の最高経営責任者ドー・ディーレさんは、以下のようなコメントを Instagram に残している。

「みんながメールしてくるから、私もこのことについて投稿することにしたわ。そうよ、私のポートレートがニューヨークのフリーズ・ギャラリーに展示されているの。

私が投稿した写真で絵画じゃないわ。私は許可していないけど、リチャード・プリンスが展示して9万ドル(約1100万円)で売れたらしいわね。彼を追及するつもりはないけど、一体誰の手に渡るのやら……」

と、ギャラリーに飾られた自分の写真を公開、約1100万円という価格で買い手がついていたことを明かした。

・ほとんどの作品に買い手がつく

「アート」として売れたのは、ドー・ディーレさんだけではない! 驚くべきことにどの作品も1点9万ドル(約1100万円)という値段にもかかわらず、ほとんど売れてしまったというのだ。

プリンスさんのアートはたびたび物議をかもし、過去には訴訟問題に発展したこともある。今回も、ネット上で苦言を呈する人、転用された対抗措置として同じInstagram の画像を1/1000の価格90ドル(約1万1000円)でチャリティ販売する団体など、さまざまな反応が起きている。

この騒動はまだまだ収束する気配はなさそうだ。

参照元:Instagram @doedeereFOX2The Daily BeastThe Guardiant(英語)、Fashion Headline
執筆:Nekolas