jordan

「自称」とは自分から名乗ることを指す。その真偽はともかく、自分で称する職業や肩書などは、周囲から承認されているとは限らない。それだけに中にはちょっと怪しいなと思うような「自称」もあるものである。

例えば「自称・プロダンカー」と言われてもピンとこず、ダンクのプロなんていたっけとなるように……だ。しかし、そんな「自称・プロダンカー」が決めたダンクが、マジでスゴいと話題になっているので動画と共にご紹介したい。

動画に登場するのは、ジョーダン・キルガノンという男性。彼はプロダンカーとして、さまざまな大技ダンクを決めてきたという。そして今回公開された新ダンクを見てみると……

な、なんとボールを背後から通し、そのままダンク! しかも右手一本しか使っていないにもかかわらず、鮮やかに決めてみせるのである! わずかな滞空時間でまずできないプレーなだけに、本人が「これ以上ないもの」と胸を張るのも納得だ。

……といったように「自称・プロダンカー」を見直すことになる一本だが、彼は他にも大技に挑戦しているので、興味のある人はそちらの動画も覗いてみてはいかがだろうか。発想力に加え、実現する彼の能力に驚かされるぞ。

参照元:Instagram @jordan kilganonMashable(英語)
執筆:原田たかし

▼大技『スコーピオン』をはじめ、彼が決めたダンク集