4jp

スポーツの試合中は、プレイしている選手も観戦者もついアツくなって、なにかとトラブルが起こりがちだ。そんな、試合中に審判とトラブルを起こしてスタジアムを出入り禁止になったサッカーチームの監督が、まさかの方法を使って生観戦していたと話題になっている。

“そこまでするか!?” と思ってしまうが、そんな監督のチームへの愛は、動画「Banned Turkish soccer coach watches his team play from a crane」で確認可能だ!

・9カ月間スタジアムを出禁になった監督がトンでも手段に!

スタジアムの出禁を食らってトンでも手段に出てしまったのは、トルコのサッカーチーム「Corum Belediyespor」で監督を務めるハミト・イシク監督だ。

イシク監督は、試合中に審判と口論になり退場を言い渡された挙句、興奮した観客が暴れ出して収拾がつかなくなったため、次の日スタジアムは閉鎖に! そのため、翌日のプレーオフは観戦者なしで決行されることとなり、チームは違反行為の罰金として約1万3000米ドル(約155万円)を支払うハメになった。

その後、9カ月間もスタジアムを出入り禁止になってしまった監督は、チームの試合を見るために “ここまでやるか!” という手段に出たのである!

・クレーン車を使ってスタジアムの外から試合観戦!!

ハミト監督は、なんと……クレーン車に乗ってスタジアムに現れたのである! そしてクレーンを会場脇に寄せて高台から試合観戦したのだ。確かに、これなら一歩も中に入らずに試合を見ることができる……! 動画には、無観客のなか試合を繰り広げるチームの様子を、監督がジっと遠くから見つめる姿が映し出されている。

・ファンはチームが取り付けた巨大スクリーンで観戦

さらに、プレーオフを会場で見れなくなったファンのために、イシク監督のチームがスタジアム前に巨大スクリーンを設置。おかげでファンは最高とは言えない状況ながら、他のサポーター達と一緒に試合観戦で盛り上がることができたのである。そして、相手チーム「Darcia Genclerbirligi」との試合結果は、無得点の引き分けに終わったそうだ。

そもそも、最初から監督が、「カッ!」とせずに感情を抑えられていればクレーン車は必要なかったわけだが、どれだけ監督のチームへの愛が深いか、よく伝わるエピソードではないだろうか。

参照元:YouTubeThe TelegraphMashable(英語)
執筆:Nekolas

▼スタジアムを出禁になったサッカーチームの監督がクレーン車を使って試合観戦しちゃう動画