1

SNSに自分の犯罪を告知して捕まったり、今までにマヌケな犯罪者は数多く登場してきた。だが、童話のストーリーを彷彿とさせるような、超おバカな強盗が捕まったというのでお伝えしたい。

レストラン強盗3人が、現金と一緒に盗んだマカロニサラダを食い散らかしながら逃走したところ、なんと地面に落ちていたマカロニサラダを頼りに、警察が逃走経路をたどり犯人を逮捕してしまったのである!! まるで、童話『ヘンゼルとグレーテル』のパンくずのように、マカロニサラダを落としていったマヌケな強盗3人について紹介したいと思う。

・逃走中にマカロニサラダを食い散らかした強盗

米ニューヨーク州にあるレストラン「Build-A-Burger&Ice Cream:ビルド・ア・バーガー&アイスクリーム」に、3人の強盗が押し入った。3人組は、レストランのレジと監視システム、そして大きなボウルに入ったマカロニサラダを盗んで逃走!

彼らは、レストラン近くのグリーンウェイ・トレイルと呼ばれる道を使って逃亡し、逃走経路には、レジと監視システムから外れた部品、ゴム手袋や小銭、さらには食い散らかしたマカロニサラダが落ちていたという。

・マカロニサラダをたとっだ警察が犯人を逮捕!!

そして、マカロニサラダは延々と道に食い散らかされ、“マカロニ街道” さながらに犯人の行く先を示していたのだ! 

その道をGPSのごとくたどって行った警察は、マシュー・P・サペツコ(34)とジェイムス・P・マルロ(35)、ティモシー・S・ウォーカー・ジュニア(23)をあっ気なく逮捕!! あえなく3人組は、第3級強盗罪と第3級器物損壊罪、第4級重窃盗罪といった複数の罪で起訴されてしまった。

・まるで『ヘンゼルとグレーテル』!?

童話『ヘンゼルとグレーテル』では、ヘンゼルとグレーテルが帰り道が分かるようにパンくずを落とながら森を歩くが、鳥がパンくずを全部食べてしまい道に迷ってしまう。少々童話とは異なるが、まるで “俺達を見つけてくれ!” と言わんばかりのマカロニサラダ街道を残していくとは、あまりにもマヌケすぎる。

童話のように、鳥がマカロニを食い尽くしてくれていれば少し結果は違ったかもしれないが、物語のように “めでたし、めでたし” といったエンディングにはならなかったようだ。

ちなみに3人組が盗んだレジには、たった29ドル(約3450円)の現金しか入っていなかったそうで、なんともおバカな強盗っぷりだ。マカロニを食べずに逃走が成功したところで、どっちみち彼らの強盗劇は、失敗に終わっていたと言えるかもしれない。

参照元:Facebook @Build-A-Burger&Ice CreamDAILY NEWSThe Daily Meal(英語)
執筆:Nekolas

▼こちらがマカロニサラダで捕まった強盗が押し入ったレストラン