tsuma

“好きだ” という気持ちを伝えるのにも勇気がいるが、別れを告げるのも度胸がいるものだ。なにしろ、相手がどう受け取るか分からないうえ、泣き出したり怒り出したりしたら手に負えないからだ。というわけで、別れたいけどナカナカ言い出せなくて、ズルズルと愛のない関係を続けてしまっている人もいるのではないだろうか。

そんな、ちょっと肝っ玉が足りない人達に朗報だ! なんと、恋人に別れを告げる勇気がない人のためのサービスが登場し、530円で “ゴメン! もう終わり” とメールを送ってくれるというのだ!!

・交際相手にお別れメールを送ってくれるサービス

交際相手と穏便に別れるためのサービスは、その名も「Sorry It’s Over:ゴメン、もう終わり!」。オーストラリア人のクリスティ・マジンスさんが始めたサービスに依頼すると、5.5豪ドル(約530円)で、別れたい相手に代理でお別れメールを送信してくれるのである。

・「Sorry It’s Over」が送るメールの内容とは!?

もともと看護婦をしていたというクリスティさんは、その仕事を通して、人の緊張感を和らげる適切な言葉を使う能力を身につけたのだそうだ。メールで何を伝えたいか顧客から概要を聞いた後、必要とあればクリスティさんが、言葉を加えて文章を整えるとのこと。それでは、「Sorry It’s Over」サービスが実際に送った、女性から男性へのメールを1つ紹介しよう。

「●●さんのために代筆しています。

彼女は、あなたのことを思い尊重していますが、すでに関係がダメになってしまっていることを直接伝えづらいと感じています。手放したくない人に別れを告げることは辛く、多くを与えてくれた人を忘れることはさらに苦しいでしょう。ですが、彼女には結婚する気がなく、結婚に伴う責任や子供を持つ心の準備ができていないのです。

そして、お互いの相性の良さも不十分で、相性は無理に合わせるものではないと●●さんは思っています。辛い時だと思いますが、一緒だった5年間で良い思い出がたくさんできたことでしょう。あなたが理解を示して、これからも友達でいられることを願っています。

敬意」

・“お別れパッケージ” を送れるオプションもあるぞ!

なかには悪い冗談だと思ってしまう人もいそうだが、こんなメールをもらったら、あなたならどう思うだろうか!? 相手を振ることに罪悪感を感じてメールでは不十分だという人には、90豪ドル(約8700円)で、花束やティッシュなどが詰まった “お別れパッケージ” も送ってくれるそうだ。

筆者なら、交際相手から有料サービスを通してお別れメールが送られてきたら、「面と向かって別れも告げられない男と付き合っていたのか!」と自分を情けなく感じて、相手をキッパリと忘れられそうだ。そういう意味ではこのサービスを利用すれば、相手が別れをアッサリと受け入れてくれるかもしれない。

参照元:BroBibleMirrorCollege Candy(英語)
執筆:Nekolas
Photo:Rocketnews24.