2015-03-31_134213

“呪われた人形” と聞くと、ホラー映画『チャイルド・プレイ』のチャッキーを思い起こす人が多いのではないだろうか。チャッキーは、黒魔術ブードゥーの呪いをかけられた実在の人形がモデルとなっているのだが、普通なら呪われた人形を家に置きたい人はあまりいないだろう。

しかし、意外なことに呪われた人形がオークションサイトで大人気とのことで、高値で売買されているというのである! しかも霊が宿った人形が悪さをしないように、人形のために子守まで雇ってしまうコレクターがいるというから驚きだ。

・呪われた人形がオークションサイトで大人気

人気オークションサイトeBayでは様々な物が売買されているが、“呪われた人形” も例外ではない。なかには1500ドル(約18万円)もの値で落札された物まであるという。

人形の紹介文には、「邪気を放ち、他の人形から性的暴行を受けたことがある」と、通常なら購買意欲をそそらないようなことが書かれている。だが、呪われた人形コレクター達にとっては、人形が邪悪であるほど価値があるというから少し理解に苦しむ。

・コレクターの目的は様々

コレクターのなかには、霊と結びつきたいがために呪われた人形を購入する人もいれば、ただ単にコレクターというだけで、変わった人形を買い集めている人もいるとのこと。人形のデザインが気に入れば、霊が宿っていようが呪われていようが気にしないというわけだ。これこそ、本物のコレクター魂と言えるだろう。

・留守にする時は人形のために子守を雇う女性

それでは、筋金入りの呪われた人形コレクターを紹介しよう。スコットランドに住むケイトリン・リーディクさんは、霊が宿っているという人形を22体も所有している。

特に “ミスティカル” と名付けられた人形は、一緒にテレビを見ている時に「番組が気に入らなかったらチャンネルを変えていいわよ」と言うと、テレビの画面がついたり消えたりするのだとか! なので、ケイトリンさんが1日以上家を空ける時は、人形が悪さをしないように子守を雇ってから出かけるのだそうだ。

eBayは、「呪われたアイテムを落札して、生活に影響が出た時に対処できないようなら購入しないように」と注意を促している。霊感ゼロの筆者は一度も霊体験をしたことがないが、それでも、どんなに時給が良くても呪われた人形の子守は遠慮したいと思ってしまった。

参照元:VICEnprMail Online(英語)
執筆:Nekolas

▼留守時に、呪われた人形のために子守を雇う女性のニュース動画はこちら