1jp

歳を取るにつれて、「もう誕生日なんて嬉しくないな~」と言う人が増えてくるが、誰でも年を取ることだけは避けようがない。“どうせ誕生日は巡ってくるのだから、それなら楽しく過ごしてしまおう!” と、過激にバースデーを祝ったおばあちゃんの動画「South African Soars to Celebrate a Century」が話題を呼んでいる。

“生まれてから1世紀” という記念すべき誕生日を迎えたおばあちゃんが、スカイダビングで大空を舞った後は、ホオジロザメと海中で過ごして過激に祝ってしまったというから驚きだ!

・100歳のおばあちゃんが誕生日にスカイダイビング!!

記念すべき100歳の誕生日にスカイダイビングを楽しみ、ホオジロザメと水中で対面してしまったのは、南アフリカ共和国に住むジョージーナ・ハーウッドさんだ。

なんと92歳でスカイダイビングを始めたという彼女は、特別な日を空を舞って過ごすことにしたのである。こうして曾曾孫を含めた家族や友人に見守られるなか、彼女はしっかりとした足取りで飛行機に乗り込み大空へ飛び立って行った。

・躊躇もせずに華麗に空へジャンプ!

ついに飛行機からインストラクターとタンデムで飛び降りたジョージーナさんは、まったく恐がる様子も見せずに豪華にジャンプ!! 筆者は一度バンジージャンプを経験したことがあるのだが、前に並んでいた男性が、ビビりまくってナカナカ飛び降りれずにいた姿を見たことがあっただけに、おばあちゃんの度胸には感服してしまった。

・1世紀分の人生を背負って飛んだジャンプは格別

そして、無事に地上に舞い戻ってきたおばちゃんは拍手喝采で迎えられ、メディアのインタビューに答えているのだが、そのハッキリした口調にも驚かされた。

ハキハキとした喋りは100歳という年齢を感じさせず、「こんな特別で素晴らしい経験をできて最高です! 今回のジャンプは、以前のものとは違うように感じました」と語り、やはり1世紀分の人生を背負って飛んだジャンプは格別だったようだ。

・海中でホオジロザメと間近で対面!

100歳という年齢でスカイダイビングしてしまうだけでもスゴいのに、さらにジョージーナさんはスキューバダイビングにも挑戦!! ケージの中に入ってホオジロザメと間近で対面して、記念すべき誕生日を過激にお祝いしてしまったのである。

個人的には、「スカイダイビングよりも、海中でホオジロザメと接近する方が恐そうだな」と思ってしまった。一度しかない人生を、チャレンジ精神を忘れずに満喫するおばあちゃんの生き方は、ぜひ真似したいものである。

参照元:YouTubeMashableabc News(英語)
執筆:Nekolas

▼100歳のおばあちゃんが誕生日にスカイダイビングで空を舞う動画はこちら