1jp

FacebookやTwitterとは異なり、自分で撮影した写真をアーティスティックに加工できる画像共有サイトInstagramが、若者の間で人気急上昇中であるとのニュースを、以前お伝えした。

筋金入りのインスタグラマーのなかには、最高にキマったベストショットを求めて危ない場所で撮影したり、なかには立ち入り禁止区域への不法侵入もいとわない人もいる。そんな彼らが、逮捕の危険を犯しながら撮影を続ける模様を綴った短編ドキュメンタリー「How Instagram Fuels the Urban Explorer Movement」を紹介したいと思う。

・都会を探検しながらベストショットを狙う若者達

普段は目にすることのない都会の顔を求めて、街を探検しながら写真に収める行為を “Urban Exporing(都会を探検)” と呼ぶ。動画に登場するニューヨーク在住で18歳のアントニオ・ジャギー君は、16歳の頃から写真を撮り始め、1年程前からUrban Exporingを始めた。

・仲間と一緒にビルへ不法侵入!

彼の友人でInstagramのハンドルネーム「DEMDISM」を名乗る青年は、同アプリのおかげで同じ興味を持つ仲間と知り合えたと語る。彼とアントニオ君は数人の仲間と集まり、ニューヨークの地下鉄の線路脇にある扉から不法侵入しビルの屋上へ。そして各自のカメラを設置して、思い思いのアングルから撮影を開始した。

・警察とSWATチームに包囲されてしまった若者も!

次に登場するリンゼイさん21歳とジェイムズさん24歳は、撮影のためにウィリアムズバーグ橋に登って逮捕されてしまったという。二人が川に飛び込むのではと勘違いされ、警察やSWATチーム30人あまりに包囲された経験を、武勇伝のように披露していた。

最高のアングルを求めるインスタグラマー達は、危険などもろともしない。超高層ビルの柵を越えたり、線路に降りて走り去る地下鉄を間近で撮影する彼らは、一歩間違えば命を落としかねない。

・Instagramの写真がきっかけで逮捕!!

2014年9月に、前出のDEMDISMも高層ビルへの不法侵入と危険行為で逮捕されている。彼は、誰でも写真を見れるようにInstagramアカウントを公開していたのだが、写真を見た警察によって違法行為がバレてお縄を頂戴してしまったのだ。それ以降、彼はアカウントを非公開にしている。

Instagramのために撮影した写真がきっかけで逮捕されてしまうとは、何とも皮肉な話である。彼らの写真はどれも素晴らしい仕上がりになっているが、読者の皆さんは絶対に真似をしないように十分注意して頂きたい。

参照元:Instagram @vic.invadesYouTubeMashableNew York(英語)
執筆:Nekolas

▼Urban Exporingを紹介した短編ドキュメンタリーはこちら

▼今にも滑り落ちそう!!

▼高所恐怖症の人は、写真を見るだけで縮み上がりそう!

▼見ているだけで怖い!!

View this post on Instagram

Let's travel the world.

A post shared by Victor G Thomas (@vic.invades) on

▼一歩踏み外したら……

▼地下鉄の線路に降りて撮影