akumabarai001

「エクソシスト」といえば、女の子がブリッジしたような体勢で階段を駆け下りてくる、アレだ。本来、「エクソシスト」は、“悪魔払い祈祷師” という意味なのだが、映画『エクソシスト』の影響が強いためか、エクソシストと聞くと、思わずそのシーンが頭に浮かぶ人は多いだろう。

実は今、そんな映画さながらに、神父が女性に取り付いた悪魔を追い払う事件が発生したらしく、海外で話題を呼んでいる。「そんなのどうせイカサマでしょ!」と思う人もいるだろうが、実際にYouTube にはそのシーンを収めた動画が公開されており、海外サイトも事件を報じているのだ。

・アルゼンチンの教会で悪魔払い

悪魔払いの儀式が行われたのは、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスにある教会。取り付かれたのは、22歳の女性で、名前はローラさんというらしい。そして、ローラさんを救うべく、悪魔払いの儀式を行ったのが、マヌエル・アクーニャ司祭だ。

なお、悪魔払いが行われる前には、地元の人が教会に集まり、ローラさんのために祈りを捧げていたいらしい。

・司祭「悪魔は存在します」

アクーニャ司祭は、集まった地元の人たちに対して「悪魔は存在します。それは、観念的なものでも論理上のものでもなく、また何か抽象的なものではありません。悪魔は1つの人格を持つ存在であり、それゆえに作戦を考えるのです」

……といったことを述べたらしい。早い話が、悪魔は実在するというのだ。

・凄まじい光景

その後、ローラさんは十字架の印が付けられたマットのような場所に寝かされ、悪魔払いの儀式がスタート。動画に収められているのは、ここからだ。

祈りの声が響き渡るなか、苦しそうに暴れ回り、時に絶叫をするローラさん。そのローラさんを、教会の関係者と思われる人々が押さえつける。……なんとも凄まじい光景である。特に、胸に十字架を当てられた時の断末魔の叫びは……聞いているだけで鳥肌が立つ。

・儀式は成功

こうして、苦しそうなシーンが数分続き、突然彼女は静かになる。悪魔が出て行った……らしい。つまり、悪魔払い成功、ということだろう。

なお、儀式の最中、アクーニャ神父には「離れろ! すぐに彼女から離れろ!」といったつぶやき声が聞こえたのだとか。

・ガチのガチか?

それにしても、これは本当にガチのガチで、悪魔払いの瞬間なのだろうか? 確かに、海外サイトではそのように報じられており、何より YouTube の 動画では、その瞬間が捉えられている。

しかし、このような類いの映像には、眉唾ものが数多く存在するのもまた事実。……この動画が真実かヤラセか? それは是非とも自分の目で確認して、判断して欲しい。

ちなみに、ロケットニュース24では、以前「チェコでの悪魔払いの事案」についても紹介している。興味がある人はそちらもチェックしてみよう。

参照元:YouTubeMail OnlineMirror News(英語)
執筆:和才雄一郎

▼とにかく凄まじい光景なので、閲覧注意

▼予備動画

▼海外のニュースでも取り上げられている