150315kill001

これから紹介する動画はショッキングな内容を含んでいるため、閲覧には十分注意して欲しい。その映像について簡単に説明すると、黒人の男性が、警察官によって射殺される瞬間である。

思わず目を背けたくなるような光景であり、実際に起こったことが信じられないような内容であるが、これは一つの現実なのだ。

・事件の概要

海外サイトが報じている概要は以下の通りである。事件が起こった場所は、アメリカ・テキサス州のサウス・オーク・クリフにある一軒の民家。日時は2014年6月14日。なぜ、9カ月ほど前の事件が今頃話題になったのかは後で説明したい。

被害者は、38歳の黒人男性であるジェイソン・ハリソンさん。ジェイソンさんは、躁鬱病と統合失調症を抱えていたらしく、家族によれば、事件の日は病気のための薬を飲んでなかったらしい。

・息子を病院へ連れて行くために

そのためか、母親のシャリー・ハリソンさんは、息子を病院へ連れて行こうとするのに手を焼いたのだとか。そこでシャリーさんは警察に連絡。警官の手を借りて、息子を連れ出そうとした。なお、シャリーさんは息子のことで何度も警察に連絡していたのではなく、今回が初めてだったそうだ。

動画に収められているのは、連絡を受けたダラス警察署の警察官が、ジェイソンさんらが暮らす家を訪れた直後からである。

・警告後すぐに発砲

その流れを簡単に文章で表すと以下の通り。

警察官が家のドアをノック → 家の中から母親のシャリーさんが姿を現す → 続いて息子のジェイソンさんが出てくる → ジェイソンさんがドライバーを持っていることに気づいた警察官が「それを捨てろ」と警告 → 母親も一緒にドライバーを捨てるように叫ぶ → 数秒後、警察官がジェイソンさんに向けて複数回発砲

動画を見れば一目瞭然だが、警察がドライバーを捨てるようにジェイソンさんに警告してから、発砲するまでの時間が短い。警告後、あっという間に発砲している。

・発砲は正当だった?

では一体なぜ、警察は発砲したのだろうか? 警察側の見解によれば、「ジェイソンさんがドライバーを持って、警官の方に向かってきたこと」が、発砲の引き金になったらしい。そして警官側の弁護士は「発砲は正当だった」と主張しているもよう。

・警察官の制服に取り付けられたカメラの映像

ちなみに、この映像は、警察官の制服に取り付けられたカメラに残されていたようだ。そのデータを、ジェイソンさんの家族とその弁護士が合法的な手続きを経て入手し、公開に踏み切ったようである。そのため、事件発生から動画公開まで間が空いているのだ。

動画の公開に際して、家族とその弁護士は「警察が精神疾患を抱えている人に対してどう対応するべきか、その方針及び訓練方法の変革を求める声が、よりいっそう高まるだろう」とし、今回の件に関して「警察官は最初の段階で、催涙スプレーやスタンガンといった、より殺傷力の低い武器を用いるべきであった」と述べている。

とにかく、今回のような悲劇が繰り返されないように願うばかりだ。

参照元:YouTubeKHOUThe Dallas Morning NewsDailynews(英語)
執筆:和才雄一郎

▼こちらがその動画

▼この動画には発砲の瞬間だけが収められている