2

目の前で誰かが嫌な目にあっていたら、あなたはどうするだろうか? 「もちろん助けます!」という人も大勢いるだろうが、周囲の状況などから躊躇(ちゅうちょ)してしまう人も多いことだろう。

しかしこの度お伝えするのは、「しょうがない……」と下を向かずに、イジメを見逃さなかった少年たちのニュースだ。バスケの試合中に観客からイジメられていたチアリーダーを、選手たちが救ったのである!

・ダウン症のチアリーダーに投げつけられたひどい言葉

米ウィスコンシン州の都市ケノーシャに位置するリンカーン中学校で、チアリーダーとして活躍するデザレー・アンドリューズさん。ある日バスケの試合中、ダウン症である彼女に対して、聴衆からひどい言葉が投げつけられたのだ。

しかし試合中のこと。選手たちも、チアリーダーたちも忙しくて、「試合の途中だから……」と聞こえなかったフリをしてしまいそうだ。

・怒ったバスケ選手たち!

しかし、彼らは違った。その言葉を聞きつけた3人のバスケ選手が、タイムアウト中に「ちょっと待てよ」「いい加減にしろよ!」と、ひどい言葉を発した相手に言い寄り、アンドリューズさんを擁護したのである。ああ、現代の若者たちよ……。

彼らのこの勇敢な行動はニュースとなり、瞬く間に世界中に広がることに。米メディア Today のインタビューに対して、彼らは「友人に投げつけられた心無い言葉に、我慢ができなかった」と当時の気持ちを話したのだった。

・「パパ、大丈夫よ!」とアンドリューズさんの優しい言葉

またこの時、アンドリューズさんも実に誇り高い反応を返したという。実は、彼女のお父さんもその場に居合わせ、娘へのひどい言葉を耳にして、大変悲しい思いをしていたのだ。けれども、アンドリューズさんはそんな父親を抱きしめて、「パパ、大丈夫よ。みんなが私のことを嫌っていても、私はみんなを愛しているから」との優しい言葉をかけたのだとか。

このような事態を知った学校側は、勇気あるアンドリューズさんと選手たちを称えて、体育館を「D’s House」と改名。もちろん “D” は、デザレー・アンドリューズさんの “D”! このことをアンドリューズさんは、「嬉しい」と語っているのだった。

突然降り掛かるトラブルに対して、勇気を発揮することは案外難しかったりする。しかし、この若者たちの姿を見て、とっさに “正しい” 行動をとるための瞬発力を鍛えていかなければ……とシミジミ思うのだった。

参照元:TMJ4npr、YouTube[1][2](英語)
執筆:小千谷サチ

▼アンドリューズさんを助けた3人の選手
2

▼「D’s House」と体育館を改名!