OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「飛行機が引き返した」と言えば、記憶に新しいのが “ナッツリターン騒動” だ。大韓航空の会長の娘にして当時副社長であったチョ・ヒョンア氏が、小袋のまま提供されたマカデミアンナッツにブチ切れ、すでに動き始めた飛行機をゲートに戻させた挙げ句、乗務員を降ろさせた、アレである。

なかなかインパクトのある事件であったが、今話題になっている “飛行機リターン事件” の原因も、「ナッツ」に勝るとも劣らないほど想定外である。それは、なんと「うんこ」。誰かのうんこが臭すぎて、飛行機が引き返すことになったのだ。

・30分で異変発生

その飛行機は、ブリティッシュエアラインのロンドン・ヒースロー空港発、UAE・ドバイ行き。約7時間のフライトの予定だったのだが……離陸してわずか30分ほどで “異変” が起こったのである。

搭乗していた乗客の1人によると、まず機長から客室乗務員(CA)に対して、アナウンスがあったそうだ。それから約10分後……今度は乗客に対して機内アナウンスが! 

「お気づきかもしれませんが、1カ所のトイレから大変強い臭いが漂っております」

……なんという機内アナウンスだろうか。そんな発表があるということは、恐らくこの時、強烈な臭いが機内に充満していたのだろう。状況を考えると、「テロか?」と勘違いする乗客が出てきて、騒ぎが大きくなった可能性もあるので、このアナウンスは機長の英断と言えるかもしれない。

・乗客の健康と安全を最優先させた判断

続けて機長から、「客室乗務員が調査したものの、問題を解決するのは不可能だという結論に達し、“健康と安全上の理由から” 飛行機は引き返します」という旨のアナウンスがあったらしい。

さらに機長は「飛行機の機器に問題が生じた訳ではありません」と述べたそうだが、その言葉を聞いて、どれだけの乗客が安心したのかは不明である。

・次の飛行機は15時間後

「ケガ人が出るようなトラブルじゃなくてよかった」と言うべきなのか、なんと言っていいかよく分からないが、とにかく乗客にとって災難だったことは間違いない。ちなみに、ロンドンのヒースロー空港に引き返した乗客は、次のフライトまで約15時間待たなければならなかったのだとか。

・一体誰のウンコなのか?

そして何より気になるのは、一体誰のうんこか? という点である。結論から言うと、それは分からないそうだ。ただ機内アナウンスの段階で、機長から「液体状の糞便」と説明があったらしいので、恐らく超ビチビチ系のうんこをした誰かだろう。

「うんこは超ビチビチ系」──手がかりは、それだけだ。より詳細な情報は、誰も開けられない、と言うより誰も開けようと思わない、ブラックボックスの奥深くに眠っている。

参照元:Mail OnlineTelegraph(英語)
執筆:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.