1jp

洋楽ファンでなくとも、米ロックバンド、ニルヴァーナの名前や曲を耳にしたことがある人は、結構多いのではないだろうか。1990年代初めにリリースしたアルバム「ネヴァーマインド」は、全世界で3000万枚を売り尽す大ヒットを記録。“グランジ・ロック” と呼ばれる音楽ムーブメントで世界中を席巻したニルヴァーナは、音楽史に革命を起こした異端バンドだ。

音楽界に多大な影響をもたらしたバンドのボーカルだったカート・コバーンは、カリスマ的な存在となるものの、27歳の若さでショットガンをくわえて自殺。そんな壮絶な死を遂げた彼の子供時代の家が売りに出されるも、買い手がつかずに値下げされたというのだが、どうやら値を吹っかけ過ぎたことが原因らしい。

・カート・コバーンの子供時代の家が値下げ!!

1969年に2歳だったカートが9歳まで住んだ家は、米ワシントン州アバディーンに所在している。その後、両親が離婚したことを機に、カートは母親と一緒に同じ家に舞い戻り、そこで思春期を過ごした。1年半前に、カートの母親が50万ドル(約6080万円)で売りに出していたが、40万ドル(約4900万円)に値下げした価格で再び市場に出されている。

物件を取り扱っているアバディーン・リアリティー社のウェブサイトに掲載された写真を見ると、家は屋根裏部屋がついた1.5階建て。所どころ壁に穴が開いていたりカーペットも使い古され、普通ならリーフォームが必要な状態だ。日本人の感覚からすれば広く見えるが、アメリカ郊外にある家としてはかなりこじんまりとしている。

・カートの落書きが残されている部屋

青春時代はロックにのめり込んで、ギターの練習に明け暮れていたというカート。アイアン・メイデンやレッド・ツェッペリンといったバンドに夢中になり、自分の部屋の壁にバンド名を落書きしたり、壁にパンチして穴を開けている。

筋金入りのニルヴァーナ・ファンなら購入を検討する人がいるかもしれないが、1923年に建てられた家の不動産価値は6万7000ドル(約810万円)しかないとのこと。いくらロック・レジェンドが育った家とはいえ、値を吹っかけ過ぎているのが売れない理由のようだ。

・ミュージアムにするアイディアもあった家

昨年、ニルヴァーナのファン二人が家を購入してミュージアムにしようと、資金調達サイト「GoFundMe」で、目標金額を70万ドル(約8500万円)に設定して寄付金を募った。だが、思ったほど寄付を集められずに、彼らの計画は達成できないまま終わっている。

1994年4月5日に命を絶ったカートの死から、今年で21周忌を迎える。彼の衝撃的な死から、そんなにも年月が経ってしまったのかと信じられない気持ちで一杯だ。家が売れるにしても売れないにしても、彼が残した音楽的遺産は後世に影響を与え続けるに違いない。

参照元:YouTubeMashable、Pitchfolk[1][2]Aberdeen Realty,Inc.(英語)
執筆:Nekolas

▼カート・コバーンが育った家を撮影した動画はこちら

▼カートがパンチして開けた穴とレッド・ツェッペリンの落書き
2jp

▼ニルヴァーナで音楽界に革命を起こした曲「Smells Like Teen Spirit」のプロモビデオはこちら