2jp

「メイクで素顔を隠したアーティストは!?」と聞かれたら、邦楽ファンは聖飢魔Ⅱのデーモン小暮、洋楽ファンはキッス、もしくはマリリン・マンソンと答えるのではないだろうか。

素顔が分からないと、神秘に包まれた風格を生み出す。特に、マリリン・モンローと連続殺人犯チャールズ・マンソンの名前を合体させたマリリン・マンソンは、カルト的な人気を誇るゴス・ロッカーだ。

そんな、真っ白に塗りたくった顔と真っ黒なアイメイク、真っ赤な唇がトレードマークになっているマンソンのパパが、そっくりメイクで登場して息子をサプライズ!! ファン以外のネットユーザー間でも、大きな話題を呼んでいるで紹介したい。

・孤高のカリスマロッカーにも父親がいた!

マリリン・マンソンこと本名ブライアン・ヒュー・ワーナーは反キリスト教を掲げ、物議を醸す過激な歌詞とアブノーマルなパフォーマンスで、瞬く間にスターダムを駆け上った孤高のカリスマだ。ミッキーマウスを連想させる不気味なコスチュームを着たかと思えば、薄手のストッキング素材で全身を包んだり、ユニセックスなイメージも打ち出している。

とにかくヴィジュアル的に斬新かつキョーレツな息子マンソンを、ちょっと変わった形でサポートしてしまったのが父親のヒューさんだ。まったく生活感が漂わないマンソンだけに、彼が人の子であることを忘れてしまいそうになるが、やはり彼にも親がいるのである。

・息子ソックリに変装したカリスマのパパが登場!!

そして、マンソンが父親に意表を突かれたのは、米カルチャー誌「PAPER」3月号の表紙撮影のため、フォトグラファーのテリー・リチャードソンと写真撮影に挑んでいた時のことだ。

なんと、マンソン・メイクを施して全身黒ずくめの姿で突如として登場した父親に、さすがのマンソンも動揺を隠せなかったようだ。だが、フォトグラファーが収めた写真には、父親を後ろからハグするマンソンの写真や、普通の家族写真のようにポーズを取る微笑ましい二人の姿が。

なかでも、顔を覆うマンソンの隣で、パパが右手を自分の股間に当てて左手は中指を立てロックにキメる写真は、必見の価値がある。

・この父親にしてこの息子あり!?

敬虔なカトリック教徒であるヒューさんは、反キリストを説くマンソンとは正反対な印象を受ける。ところがマンソンが11歳の時、彼にとって2回目のロックコンサートとなるキッスのショウで、ヒューさんはキッスのメンバー、ジーン・シモンズの仮装をして行ったのだとか。

すると、「親父をジーンだと思ったファンが、サインを求めてきたんだ」と、マンソンは思い出話まで披露していたとのこと。やはり血は争えない。“この父親にしてこの息子あり” といったところだろうか。

二人の格好がハードコアなゴスだけに、余計に笑いを誘ってハートウォーミングなファミリー写真に見えてしまう。天下無敵のカリスマ・ロッカーも、やはり父親には頭が上がらないのかもしれない。

参照元:Instagram @terryrichardsonstudioMashablePeople(英語)
執筆:Nekolas

▼ゴスの神様、マリリン・マンソンも父親には頭が上がらない!?

▼ロックなポーズでキメるパパが、チョッと恥ずかしいマンソン?

View this post on Instagram

What have I created? Which one of us said that?

A post shared by Marilyn Manson (@marilynmanson) on

▼マリリン・マンソンの「Beautiful People」のプロモーション・ビデオ

▼こちらはキッスのジーン・シモンズ