1

宇宙に飛び立てば、青い地球を見下ろしたり、無重力を体験したりと、多くの素晴らしいことができそうな印象だ。しかし、やはり地球と同じようにいかないことだって山ほどある。その一つが……食事だろう。

「宇宙食」といえば、長期保存や軽量化などが重視されているが、宇宙飛行士だって人間。やはり美味しいものが食べたいはずだ。しかし今回、宇宙飛行士が食べたチーズバーガーが、「全く美味しそうに見えない……」と話題を集めている。一体どんなチーズバーガーなんだ!?

・宇宙飛行士が食べたチーズバーガー

NASA 宇宙飛行士のテリー・バーツさん。今回、彼が国際宇宙ステーションで食べたという “チーズバーガー” が NASA X のツイートで公開された。

チーズバーガーと言えば、フカフカのバンズに、肉汁の滴る熱々パテ。ケチャップの赤、ピクルスの緑、そしてチーズの黄が織りなす美しいトリコロール! しかし、“宇宙チーズバーガー” の見た目は、ちょっと、イヤ……だいぶ違うのだ。

・全く美味そうに見えない!

まず、ボソボソで固そうなお肉。絵の具のようにペースト状のチーズ、マスタード、ケチャップ。しかもバンズは、ペラペラのトルティーヤ……。

正直、地球でこれを見ても、「こんなの私の知ってるチーズバーガーじゃない!」と “チーズバーガー” だと認識することさえ拒否。ハンバーガー屋さんで出されようものなら、ネットで炎上すること間違いなしだ。

・「とっても美味いぜ!」と宇宙飛行士

しかし、ここは宇宙。地球とは違って、これがチーズバーガーなのだ。そして食べ物は見た目じゃない……味だ! ということで、「どんなお味なんだろう?」と、バーツ宇宙飛行士のツイートを見てみると、「ビーフパテにロシアン・マスタード。トマトペースト、チーズペースト、そしてトルティーヤ。とっても美味いぜ!」とつぶやかれている。

そうか……美味しいのか。写真の中のバーツさんも、笑顔で宇宙チーズバーガーをほおばっている。うーん、なんだか食べてみたくなってしまったではないか。

・『宇宙日本食』なるものもあるよ!

このチーズバーガーの他にも、宇宙で活躍する飛行士たちに「美味しいものを食べさせてあげたい!」と様々な宇宙食が開発されているようだ。例えばJAXAの『宇宙日本食』などは、想像以上に豪華。

キューピーの「マヨネーズ」から日清食品の「しょうゆラーメン」に「カレーラーメン」、マルハの「サバの味噌煮」、森永の「ベイクドチョコ」……果ては山崎の「羊かん」まで、多くの食品会社に協力してもらってバラエティに富んだメニューを用意しているのだった。ちなみに、あの若田宇宙飛行士の大好物は、「サバの味噌煮」だったのだとか。

やはり、人間にとって『食』は大切なこと。そこが宇宙のような特別な空間であっても、食べることを疎かにしてはいけないのだろう。つまり、地球で日常生活を送っている私たちだって、食を軽視してはいけないはず……ということで、これからも美味しいものをたくさん食べようではないか!

参照元:Mashable、Twitter @NASA X(英語)JAXA[1][2]YouTube
執筆:小千谷サチ

▼食べてみたい?

▼「美味しいよ!」とバーツ宇宙飛行士

▼『宇宙日本食』を紹介する若田宇宙飛行士

▼鮭ご飯を浮かして食べている
2

▼海苔で巻いて食べてもいいね!
3